TRAVEL

リュックで旅行にいってみた

5月の連休を利用して、スペイン(マドリード)とモロッコに行ってきました。
前回のエントリーでのリュック話は、まさにこのモロッコ旅行のためでして、結果……
「とてもいいリュックだった。全然疲れなかった」。
10日の荷物と若干のお土産。十分まかなえました。
さすが好日山荘のプロのアドバイスですね。ありがとうございました。

fes

さて、今回の旅のルートはこんな感じ。
香港経由マドリード行き。マドリからはLCCでマラケシュまで。マラケシュ→フェズ→シャフシャフエン→タンジェ→船でジブラルタル海峡を渡り、スペイン、アルヘシラス→マドリード
ひとり気ままに、12日間の旅。
その土地の人や文化や歴史に触れ、芸術に触れ、食文化に触れられた、とても刺激的な時間。アフリカ大陸初上陸~&船での国教越え~

イスラム圏はインド、パキスタン以来? ですかね。お酒が飲めない辛さに耐える日々も今となればよい思い出です。
宗教が食文化と密接に関わってる国は、非常に面白い。
スペインも、今回の旅で俄然マドリード推しになりました。この街はまた近いうち再訪してゆっくり見てまわりたい。足を伸ばして訪れたトレドも素敵でした。
トレドは三方をタホ川に囲まれた岩山に築かれた天然の要塞。イスラム・ユダヤ・キリストの文化が入り混じった建築。旧市街は世界遺産になっています。素晴らしく美しいヨーロッパの古都。やはり自分の目で見る景色は格別です。


言われているよりも、モロッコは安全で清潔。そもそもイスラム圏で豚肉を食さないのは、豚が不浄だからという理由でしたね。

(写真は遠くに見えるはアフリカ大陸。こんにちは、ジブラルタル)

清潔はイスラムの教えだそうで、だから路地などにゴミが散乱しているようなこともなし。これも自分の目で見たもの感じたことがすべてです。ステレオタイプはよくないわ。うん。
くいしん坊的には、食べ物はマラケシュの屋台、「4」。フリット屋さんですが、最高においしかったです。まったく油カスもついておらず、衣も薄く、キレイなフライでした。これは奇跡のフリット。マラケシュに行かれる際はぜひ! モロッコ流の銭湯、ハマムも旅の疲れを癒やすにはもってこい。マドリードでは「シンコホタス」! 以上。

詳しくはこちら:https://4travel.jp/travelogue/11489910

今回の旅も、各国の親切な人や心温かい気遣いがあってこそ安全に旅ができました。
ここ数年特に気になっているから目がいっちゃうんだろうけど、メトロの車内でさっと席を譲る、階段でお年寄りを助ける、座席に座っている人が立っている人の荷物を持ってあげる。。。そんなシーンを今回もたくさん見ました。素敵でしたね~。
東京の地下鉄でも、早くこれがあたりまえになるといいなと願ってやみません。

最後に・・・
今年の年末年始、来年の旅行先にモロッコどうでしょう?
※水曜どうでしょう みたいに言うな。

大きなリュックが必要なので購入した話

先に言おう。
私は人より荷物が多い。

日常生活でもそうなんだから、旅行も当然。荷物が多い。

でも、誤解がないようにちゃんと言っておくと、使うか使わないかわからないものは持っていってない。

“持っていっているものはすべて使ってる”

要は無駄なものは持っていってない。わけである。

ただ、本当に「それはなくてはダメだったものなのか」と聞かれたら、
答えが難しい。
※世界はそれを“無駄”と呼ぶんだぜ。

でも、旅行中確実に1回は使っているので、必要なかったとは言えないものばかり。
まぁ、その「1回」のために持っていく必要があったのか。ってのは十分議論の必要があるけど。

昨年の8月、人生で最長の休暇を作り約3週間ほどイタリアに行っていたんですが、羽田で預ける時点ですでにスーツケースが25キロ(ちなみにエミレーツのビジネスは45キロまで預けられますが、バッグorスーツケースひとつの大きさのMAXは30kgです)。

完全に頭おかしいやつです。

まぁ、長旅の帰りは結構な頻度で“HEAVY”タグつけられてますが、行きからこの重量は自分史上初で、結構びっくり。
とはいえ、「帰りのほうがワインもチーズもあるのにどうしよう・・・」と、真っ先に考えた自分。改善しようという気がまったくない(笑)。

結局、帰国時は大きなトートバッグにも荷物を詰め、リュックを背負い、荷物を分散させクリア。今回は大量にチョコを買ってないからセーフ。
(一昨年はチョコレートが重すぎて(笑)フィウミチーノでどーでもいいスーツケース買った・・・)

さて、そんなだいぶ荷物持ちの私が、先日海外旅行用に68Lのリュックを購入したお話が今日のお題。
正直、購入した今でも私の約10日間の荷物がここに収まるか、まったく想像もつかない。

そう。連休にまた少し旅に出ようという計画をしており、そのための準備。

あれだけ調べ、実際に試し背負いしまくりしたにもかかわらず、山のプロの店員さんが私に「大丈夫です」と言った。だから大丈夫。一番大きな根拠はそれ。
しかも、此後に及んで「邪魔くさいけど、ゴロゴロ(スーツケース)引いてこうかな・・・」とさえ考えてはじめている自分がいる。
人は不安が自分の許容範囲を超えると、一周回ってスタートに戻る。しっかりしろ自分と言いたい。

************************************************
「大容量のリュックを買うぞ!」

そう決めてから私はバックパッカーの方たちのblogを読み漁り、目的はリュック探しなのに、ブロガーたちの旅紀行に惹かれどんどん脱線。気がついたらスリランカに移住した女性の人生にたどり着いている始末。

結局、結論から言うと、この手のリュック探しは店頭での試し背負いあるのみ。
どんなにネットで調べてもそこに自分の背負うべきリュックの正解はない。
容量が大きくなればなるほど、個人の体型に合ったものを選ぶこと。
私がblogで世界旅行をした末手に入れたアンサーはこれ(笑)。

そして、購入後の私の感想、アドバイスとしては、「お店で正しい背負い方をきちんと教えてもらうこと」。
リュックには正しい背負い方、身体に合っているのかの正解があることを今回始めて知ることとなり、とても勉強になった次第。
腰まわり、背負ったときの背骨とリュックのちょうどいい間隔などは実際に店員さんから教えてもらわなければ一生知ることもなかったし、やはり正しい背負い方で背負うとブランド、シリーズごとに全然違う。
正直びっくりしたし、感動すら覚えたので、興味あるかたはちょっとのぞいて試し背負いさせてもらうことをおすすめします。

好日山荘銀座店のスタッフの皆様、その節はいろいろありがとうございました。

追伸:とはいえ店員さんには、「10日の海外旅行には小さすぎますよ」。と言われたことを最後に載せておきます。

海外でのコンタクト事情

旅の話をする前に……
実は、今回イタリアに着いてわかった衝撃の事実。

「コンタクトレンズを忘れた」

フライトが長いからメガネで来ているので翌日まで気がつかなかったんですねー。
あわててGoogleに「フィレンツェ」「留学」「使い捨てコンタクト」的なキーワードを放り込みレッツ検索。
をー。出て来てた出てきた。
なんと、イタリアも処方箋ナシでコンタクトを処方してもらえ、街中の薬屋で購入できるとのこと。

これはありがたい。

早速ジェラート食べに行くついでに、ドゥーモ脇にある薬屋へ。
自分の度数とカーブを伝えたら、度数はあった。ちなみにカーブは選べないそうだ。1箱15枚。なんで奇数なんだよ(笑)。
私の度数のものはここには一箱しかないそうなので、もう1件はしごして無事2箱(2週間分)確保。
若干高かかったけれど、仕方ないですね。

とまぁ、到着次第、アクシデントに襲われていますがこれぞ旅の醍醐味。ですね。

イタリアの夏を楽しもう!

今年、8月の半分はイタリアで過ごしていました。
約三週間。長いなぁと思っていましたが、暮らしてみればあっという間の時間でした。
ガツガツ予定を入れず、その日にすることを決める。
大好きな街フィレンツェで、毎日毎日街歩きをしては、街の人と挨拶を交わし、天井のない美術館と言われる街並みを楽しみ、食を楽しみました。

 

過去2回のイタリアは、秋に訪れており、食と美術ばかりの旅。
個人的になんら不足はなかったのですが、今年は初めての夏のイタリアということで、なんか“ザッツ”なことしたい!
なんて思う根っからのミーハーゴゴロがむくむくと・・・夏→海じゃね? 地中海! 青の洞窟!(パスタソースじゃないよ!!)ってな具合で、海側を満喫することと相成りました。

ということで、今年の夏のお話、北はミラノ、南はナポリとイタリア南北の旅記録でも、ぼちぼちつけていこうと思います。

 

【旅行1ヶ月前】

夏に行くと決め、観光を楽しむか!と決めた後は、リサーチ開始。
まぁ、定番はシチリアだけど、今回はそこまで時間ないから、だったらナポリ、アマルフィよね。はいここは決定。
ついでにポンペイも見ておこう。
とまぁ、南は結構あっさりルートが決定。さて、北をどうするか・・・

シエナ、サンジミニャーノは初年に行き、モデナ、パルマは昨年行った。
うーーん、うーん。フィレンツェからお手軽に行けるところ・・・・

・・・・

・・・・

?!

チンクエテッレツアー

チンクエテッレ?

なにそれ?
教えてウィキペディア。

「チンクエテッレ」とは
「チンクエ・テッレ」は、イタリア語で「5つの土地」という意味をもち、イタリア北西部のリグーリア海岸にある5つの村を指す。
険しい海岸に色とりどりの家屋が並ぶ文化的景観によって知られており、ポルトヴェーネレや小島群などと共にユネスコの世界遺産に登録されている。
また、チンクエ・テッレはワインの産地としても知られる。
◎村の構成
1.モンテロッソ・アル・マーレ (Monterosso al Mare) – 西北端
2.ヴェルナッツァ (Vernazza)
3.コルニリア (Corniglia)
4.マナローラ (Manarola)
5.リオマッジョーレ (Riomaggiore) – 東南端

へーーー。

お恥ずかしながら、初めて知りました。

どうやら1日かけて、この5つの村をまわるツアーがあるらしい。
電車と船を乗り継いで観光するというのも、楽しそうだったので、これに行くことにしました。

それからチンクエについて調べる日がはじまりました。

【チンクエ】=イタリア語で「5」。わかりやすい。
これで私は「5(チンクエ)」を覚えました。

あとはミラノで最後の晩餐でも、、、と予約を見るも、私の滞在期間中はすべて予約がいっぱい。
さようなら。イエスさま。
しかし、ミラクルが起こり、結果滞在期間中に鑑賞することができた話はまた次回。

旅は楽しい

こんなものをみつけました。

今まで訪れた国を塗り絵してくれるもの。
私はまだ12%でした。大きなところでは、ロシア、オーストラリアなどに行けば一気に塗り絵エリアが広がりますな。
アフリカにぽつんと塗られているのは「エジプト」です。これは、観光で行ったのではなくフランスに行く際、トランジットで立ち寄ったためカウントしました。
コネクティングタイムを長めにとり、市内へ出て観光・・・と思ったのですが、連れが体調不良でそれどころではなくなってしまったんですよね。
どギツイ色の薬をもらい、その薬がめちゃくちゃ効いたという、これも今となってはいい思い出です。


visited 29 states (12.8%)
Create your own visited map of The World

どこかにマイルの話

数年前から話題になってるJALのこのマイレージサービス。
「どこかにマイル」
https://www.jal.co.jp/jmb/dokokani/index.html

通常の半額のマイルで日本国内の往復航空券と交換できるという素晴らしいサービス。
が、しかし!

行き先がどこになるかはJALが決めます

というもの。要はミステリーツアー。なので、一部の人からは“JALガチャ”なんて呼ばれています。

ひぇーー。せっかくためたマイルをそんなどこに行くかわからないものに使いたくない!という人もいるでしょう。
でも、マイラーならご存知でしょうが数年前のJALのマイレージサービスの悪変により、特典予約航空券が全然取れなくなってしまったので、ためたマイルの消費に困ってる人も少なからずいるかと思います。

たまる一方のJALマイル。迫る期限・・・。

期限切れるのがもったいないから仕方なく行きたくもない国内旅行を無理やりセットした。なんて話もよく聞く話です。
※青いほうだと、切れそうなマイルだけとりあえあずコインに交換しておいて1年延長させて、サーチャージ代とかで消費するって方法があるんだけれどね・・・

前置きがながくなりましたが、何を言いたいかといいますと、近く、「どこかにマイル」を私も利用してみます。
申し込んだ翌日には行き先も決まり、絶賛準備中です。

思いのほか楽しい旅になりそうです。
旅行好きなら通常のマイル半額消費でどこかに行けるサービスだと思えば、超お得!

ページのトップへ