舞台

赤坂大歌舞伎

先日お仕事関係のかたからご招待いただき、中村勘三郎さんの「赤坂大歌舞伎」を観に行ってきました。@ACTシアター

お恥ずかしながら、勘三郎さんの舞台を拝見するのは初めて。掛かっていた演目は円朝師匠の落語を原作とした「人情噺文七元結」。そして、七之助さんの「鷺娘」。
先の、もっといはさすが落語がベースだけあって、歌舞伎をまったく知らない人にでも楽しめる内容。勘三郎さんの情けないけどどこか憎めない江戸っ子はとても温かかったです。勘三郎さんからはやっぱり素晴らしい演技をみせていただきました。動きひとつ、台詞一言が、いちいち長兵衛(主人公)でした。
また、長唄の「鷺娘」は以前、玉三郎さんのものを拝見したことがあるのですが、そのときに女形の中の女形、“THE 女形”が舞うからこそ美しさ倍増な演目だということをまざまざと見せ付けらたわけで、今回の七之助さんはいかがかなぁと思っておりましたら、しょっぱな白無垢姿で登場してきたところから、若干前のめりでグイっと引き付けられてしまいました。七之助さんの鷺娘は、玉三郎さんとはまた違った魅力があり、よりはかなげで見目麗しゅうございました。
鷺娘がラストで、(流した)涙が氷柱になる という場面で流れていた唄がなんとなく印象深かったです(なんとなく、というのは、私が日本舞踊に造詣が深くないため・・・)。
あとで調べたのですが、この部分、「新古今集」の「鶯の涙の氷柱うちとけて古巣ながらや春をしるらん」の歌から来ていると言われているそうです。
あぁ、なんて美しいのでしょうか。

都心の一等地で上質の日本文化と出会う。
赤坂大歌舞伎はまさにそんな感じ。極上の芸術鑑賞会でございました。
改めまして、Oさん。ありがとうございました。

薔薇とサムライ

本日、新感線公演。

いやー。すっごく楽しかった。RXですけれども、このシリーズのある意味完成形でしょう。
そこらかしこにパクリ、いやいや、あえてのオマージュありまくり。
久しぶりに本物に触れた興奮で、鳥肌たっちまいました。
ゲストは天海さんだったんですが、やっぱり彼女は舞台女優さんなんだってことを、まざまざと見せ付けられました。しかも、宝塚ファンなら感涙モノのシーン、衣装なんかもあって……。
あぁ、私、天海さんに抱かれたい(笑)。
もともととても、好きな女優さんですが、なんかテレビサイズでは何かが・・・と思っていた違和感が、佇まいだったってことに気がついた夜です。いちいちかっこよかった。
やっぱり、劇団全員大好きだーーー!! はしじゅんさん最高! 中島さん、井上さんの才能に脱帽。

しっかし、最初から最後の1秒まで完全に面白すぎ。

豪快な殺陣、派手な演出、そして今回投入されたビジョンの活用により、より奥行きを持たせた3D的演出もあいまって、素晴らしい公演でございました。

まだ公演は残っているので、多くは語らずで。
今度は後ろの席で、全景、ビジョンを満喫したいな。

フィーチャリング OZAKI

本日、友人のご招待で「MISSING BOYs 」を観劇。
以前ACTに行った際、フライヤーが入っておりましてどんなかなぁと思っていた1本です。
また、毎日ゲストが違うそうで、今日はKさんでした。

この舞台、歌もさることながら、タップが見所だと感じます。アンサンブルの皆様のスキルが高く、非常に楽しめます。
しかし、それゆえ、主要キャストとのバランスが……。
個人的にパンチが足りないと感じてしまいました。早乙女くんも現代劇だと、薄まってしまうなぁ。うむ。

全編、尾崎豊さんの楽曲・スピリットを織り込んだ作品ですので、私にとっては懐かしい楽曲が次から次へと出てきます。
そのせいか、学生時代を思い出してなんかちょっぴりセンチメンタルが気分になってしまいました。
余談ですが、私は「ダンスホール」が好きです。残念ながら今回の舞台では使用されていませんでした(笑)。

前のエントリーでも触れましたが、音楽作品は、バンドが解散しても、もう二度とライブを観ることが叶わなくても、こうして後世まで残り、世代を超えて繋がっていける力がある。これって、とんでもなくすごいことだよなと改めて感じる今宵です。

美・バレエ

本日はオーチャードホールにて、友人に誘っていただき、熊川さんのバレエを観劇。
「バレエ ピーターラビット®と仲間たち」&「放蕩息子」
2部構成。
「放蕩息子」は、タイトルのまま。ドラ息子が家出し、結局ボロボロになって身ぐるみはがされ、実家に戻ってくる。それを家族が愛をもって迎える・・・・的なお話。
古典ではないバレエを観劇するのは初でしたが、個人的感想としては現代劇のような雰囲気で演目を解釈できたのは発見でした。それにしても熊川さんのカラダはもう彫刻、美術品の域ですね。今のうちに型をとっておいてください(笑)。
「ピーターラビット®と仲間たち」は、バレエで見るぬいぐるみショー。
とはいえ、それぞれの動き(振り)は見事なまでにソレを表現していました。アヒルの羽のうごかしかた、カエルのジャンプ(というかあのふくらはぎの感じね)、ねずみのせせこましさ・・・・。振り付けした人は動物の観察力が尋常じゃないなぁと感動を覚えました。
この演目はダンサーがかぶりものをして踊るのですが、これは大変だー。
ディズニーの着ぐるみたちが、バレエを踊っていると思っていただければ・・・・。
バレエのスキルが相当高くないと、これは踊れないでしょう。K-バレエならではですね。

2つとも美術が素晴らしく、バレエはもちろん、そちらでも楽しめました。
ブラボー!

ジンガロ

エルメスさん協賛の、騎馬スペクタクル「ジンガロ」を見てきました。

とても不思議な空間で、不思議なものを見た感覚です。
それでいて、とても品がよく上質のエンターテインメント。
素晴らしいです。
やっぱり馬って高貴だわ。とてもキレイで魅力的です。

「ジンガロ」は3月26日まで。お早めに。

あ、会場にエルメスも出店していますよ。

ジンガロ

いざ、行かん

昨晩は堤さんの舞台「舞台は夢」@新国立劇場 へ。
中劇場は初めて入りましたが、とても見やすいと感じました。なにより座席スペースがゆったりしていていい。

秋山さんはバツグンに上手だしやっぱり好きな女優さんだなぁ。その秋山さんと高田聖子さんの共演も涙ものでした。聖子さんはやっぱり聖子さん。彼女も大好きな女優さんのひとりです。
段田さんも何気にたくさん観ている気がする……というか、堤さんとの共演が多いんですよね。
堤さんは相変わらず上手だし、おちゃめだし、3枚目な感じを久し振りにみたなぁと。もっとハジけてほしかったけれど、新感線じゃないし、仕方なかね。うん。
個人的には豪快な堤さんをここしばらくみていないので、来年の「蜉蝣峠」で観られるものならみたいです。
そういえば先日早々にチケットもゲットし、今回はすべて希望日が叶うという幸先のよいスタートだったので、このままその願いも叶うことを祈りたいと思います。

閑話休題――
今回の舞台は、私にとっては優等生過ぎる感じ。折り目正しくソツがない演出。ギャグも上品な感じにまとまっているし。豪快に笑うストーリーではないのでいいのですが、なーんか私には物足りないなぁと。面白いところはクスクス・・・・じゃ物足りないカラダになってしまっているんですよ・・・。某劇団のせいで(笑)派手好きだからなぁ。私・・・。
やっぱり私が舞台に求めているものは大衆性と芸術であり、そしてなにより、豪快さなんだと改めて実感しました。脚本(お話、仕掛け)は素晴らしいと思ったので、違う演出家さんでもう一度観てみたいです。←何気にかなり失礼な発言ですが、許してください。

アイスショー

去年も観劇しましたが(コチラ)、今年もお誘いを受け、先日Yさんと観て来ました。
今年の演目は「眠れる森の美女」。
うーん、お話が地味? というか、わかりにくいのでバレエになると余計に今どの場面かを理解するのに時間が(笑)。
昨年は「白鳥の湖」だったので、余計かな?(わかりやすかったので)
しかし素晴らしいスケーティングでした。あの狭い板の上で助走もままならない状態でのトリプルアクセルなどは圧巻。
ロシアンビューティー♪ 今日から私もピロシキとボルシチ食べよう(笑)。

今年もお声かけいただき感謝です★Kさん!!

アイスショー「眠れる森の美女」のwebサイトはこちらhttp://www.on-ice.jp/

オーラ少な目

本日は宮沢りえちゃんと堤さんの舞台「人形の家」観劇に渋谷のBunkamuraへ。
この手のチケットってすごく前に手配しているから、当日までが長いですな。やっと今日を迎えたって感じです。

さて。内容は・・・。うーん。舞台映えする堤さんがフツーに見えました。TV見ている感じでしたね。
これは脚本がわかりにくいなぁと。次いってみよう! って感じ(爆)。

堤さんは今度が国立で秋山さんと、その次は新感線でクドカン。これは大本命。楽しみで仕方ないですー。
何がなんでもチケットがんばらねば。うん。

ということで、まずは来週公開の「容疑者Xの献身」を楽しみます。

以下、あまりにもバカなこと書くので畳みます。

I LOVE 劇団新感線

私の大好きな劇団「新感線」の、最初で最後のコマ公演。
『五右衛門ロック』をようやく週末に観劇してきました。
※なんでコマなのかパンフでわかりました。

正直、私はRXシリーズはあまり好みじゃないのですが、今回は違いましたね。いのうえかぶきといえば、ソレに入るし、『メタルマクベス』の延長といえば、そうともいえる。そんな作品でした。やっぱり新感線は、和モノなんだよなぁ。豪快なチャンバラが見所ですから。

ということで、感想は、ひとことで言うと、“THE 新感線”。
劇団の芝居を初めて観るって人にはサイコウの作品かもしれませんね。とにかく、初期の新感線っぽい。そう思ったらパンフで新感線メンバーみんなそんなようなこと書いてました。

音楽がポップで内容もわかりやすい、そしてド派手なチャンバラ。
トドメは、計算されたくだらない笑い。

森山くんは『メタル~』以来2度目だったけれど、こっちのほうがよかったなぁ。登場したときマイケルかと思ったよ(爆)。いや、絶対意識してるね。ありゃ。
江口さんも意外に2度目。新感線でどうなるかと思ったけれど、殺陣はやっぱりあまり・・・。しかしあのキャラはいい感じでした。ルパンで言う銭形ですわ。
ほんでもって、不二子ちゃんは、松雪さん。『吉原御免状』で惚れたんですが、あのときは、そんなアクションもなかったし、あまり気になってなかったんですが、今回は動き回るし歌うしで、なんか薄まった感じがしましたわ。でも婀娜な感じはさすが。美人だからこそ成り立つ役どころ。
北大路さんは、言わずもがなで。存在そのもので、板の上の空気がしまるっていうか、なんていうか。ね。ズルイわー。

新太さんや聖子さん、そしてluvなはしじゅんや右近さんメタルさんは、もうあえて語らずな感じで。
本当に、新感線が新感線で、私みたいなファンには、サイコウでした。

お芝居や舞台を見れば観るほど、わかればわかるほど、劇団新感線のすごさを実感します。
もう1回見にいきたくなったなぁ。

久しぶりに「轟天」を観たくなりました。

をっと、その前に、これらを楽しまねば。これだけ買っても、1万ちょっとです。安いです。
この時期、もうブルーレイで買い揃えたほうがいいのか、とても悩みますね。

5366719.jpg

「レインマン」

金曜日、パルコ劇場にて椎名さんと橋爪さんの「レインマン」を鑑賞。もちろんお話はダスティ・ホフマンとトム・クルーズで有名な「レインマン」です。
舞台「レインマン」は再演作品なのですが、私は初見でした。
パルコ劇場のハコの作りにもよるんですが、あのくらいのハコで見るお芝居だなぁと感じました。青山劇場じゃダメなんです。なんなら三軒茶屋のシアタートラムとか。2人が演じる温かい空気が客席にいきわたるハコでないと意味ないよなぁと個人的に感じました。
フライヤーなどには“感動大作!”“涙した”など、ものすごいアオリフレーズが踊っておりますが、私は泣きませんでした。
どちらかというと涙を流して感動というより、心が温かくなり、とても幸せな気分です。
それは私にとって自閉症という病気が身近であることにも原因があるのかもしれませんが、劇中で笑いが起こるところでも笑えなかった部分があったし、この感覚の違いはどうにもこうにも上手く伝えられないです。
じんわり心に響く、そんなお芝居でした。

私、椎名さんは「ベント」で1度観たきり、橋爪さんはテレビの赤かぶとか京都迷宮の杉浦さんのイメージでして(苦笑)舞台では初でした。もう杉浦さんが、いやいや橋爪さんが好演でして! やはり実力派の役者さんだなぁと。あのゆるい感じがたまらなく素敵で、特に間のとりかたは本当に神業のように見えました。椎名さんは正直、よくわからなかったです。すっとした役者さんだなぁというイメージが個人的にあったのですが、そのイメージはあいも変わらずでした。イケパラで一躍人気になった紺野まひるさんも出演してらしたのですが、こちらもまだよくわからないなぁ。という感じでして……。
個人の演技スキルを堪能というより、このお芝居はあの空気と板から放たれる温かい雰囲気を存分に味わう、そんな作品でした。

お声かけいただきましたKさん。本当にありがとうございました。

  • Instagram

ページのトップへ