映画

なぜ映画館で映画を観るんですか?

こんばんわ。本日面白い質問を見つけてから、1日ずっと考えておりました。
その質問とはこんなようなもの(ような、としたのは、あえてです)。

「僕は映画好きですが、『映画館好き』ではないため、今上映している作品を、『今見たい!』と思ったこともなく、少し経てばブルーレイになるから、それからでいいやと思ってしまいます。迫力ある画面や音響云々・・・という理由ではなく(もっぱらホームシアターを完備し、自宅でソフトを楽しんでいますので)みなさんが映画館に行く理由ってなんですか?」

この質問、まだituneが世の中になかった時代に、音楽CDをネタに同じような議論を当時の編集部でしたなーと思い出しました。

ということで、結論から。
私の回答は、この映画がなぜ作られたのか、どういう意図で演出されているのかなどを、「(できれば)1回で」理解したいから(※個人的なことですが、私は大事にしたい、何度も見たいと思うものをパッケージで買う傾向があります)。映画館で上映されることを前提で撮っているので、制作者の意図のサイズで観る必要があるから劇場に行くわけです。
もちろん、スマホの画面で見るように撮影しましたって言われたら、スマホで観賞すると思います。

でも、私は映画館に映画を見に行く行為は好きですが現状の飲食自由な映画館のスタイルは嫌いです。※理由も理解しておりますが、やっぱり音が気になるんです・・・。理由は後述。
あ、上演後、パンフレットを購入して、答え合わせするのも好きだったりします(笑)。

テレビはテレビサイズでの演出があるし、映画も同様。映画館のような大きい画面だからこそ気がつくように作られている伏線や仕掛けがある作品は多いです。こだわりが強い監督さんほど、この手の演出は多いような気がしますが……。

だから映画を観るときは、「おっしゃ」って少し気合が入ります。
作り手から「どうだ!」と挑戦状をたたきつけられているような、勝負にも似た感覚。
1分、1秒、一句、音、どれも逃したくない――。
だから、1本見終わると結構ぐったりします。
でも、映画を観るために劇場に足を運ぶ人の半分程度は、この感覚に賛同してもらえるとも思ってます。
こういう見かたも、映画を観る楽しみのひとつですしね。
若い頃は経験値も少ないので、1度見てもわからない作品が多く、何度も映画館に通えなかったので、ビデオを買って何度も見なおしたものです。

冒頭の音楽の話に戻りますが、当時、同僚と近い将来ダウンロードで音楽が買える時代になるという話をしていて、「でもジャケットも含めて音楽なのでは?」という私の問いかけに「でも、アートワークは純粋にいうと“デザイン”で“音楽”ではないよね」という回答をされてしまい、納得してしまったワケですが、今思えば、これも映画館で映画を観る理由同様、ジャケットからアーティストがこの作品に込めた思いや考えていることを、少しでも理解したいから。という思いのほかならないと思います。
だから、アルバムインタビューも読むわけですな。納得。

ただ、これらは、私は少なからずものを作る仕事をしているから、このような見かたをするわけで、映画ファンや音楽ファンがみんながみんなこう思うわけではないハズです。ま、個人的な意見ということで。

最近は劇場上映での制作費回収は見込めないので、上映中にすでにパッケージの発売が決まっている作品が多いところからみても、今回質問されたような方が近年は多いと思います。昔はテレビで放送されるか映画館でしか画が見られなかったのに、今はレンタルだって、配信だってある。だから、観る人はどんな風に観賞したっていいと思います。

今回の質問のかたは違ったけれど、劇場から足が遠のいている理由に料金の問題はあると思います。
現在の日本の映画1本1,800円は高い。これが仮に500円だったらお客さんは戻ってくるんだろうか。
この手の実験を今後の映画界のためにどこかでやったほうがいいと思うんだけれどなぁ。~大捜査線とか、自衛隊の映画あたりでいかがですか? あ、両作品とも次回作はないんだった! こりゃ失礼。

マクロス、はじめました

すっかりここもご無沙汰になってしまい・・・。
情報のまとめもかねて、過去のエントリーを整理していたら、大掃除の最中なつかしいアルバムを見つけて読み返してしまうアレ、そんなセオリーどおりのトラップにひっかかりまして……。
2006年の記事に目を奪われました。>>4ちゃんねるに見るキャスティング術
やるな自分(笑)。この頃にマキタスポーツさんに目をつけているとは!

もうすっかり有名になったマキタさんですが、今後の活躍も期待したいところです。
サンキューさんとプチ鹿島さんとの3人で放送している、「東京ポッド許可局」も回数を重ねるごとに深みを増していくといいますか。だいたいこの手のサブカルものって、ある程度やるとルーチンになっていくのですが、この3人は違いますね。
この3人の、針の穴に糸をとおすかのような、ニッチなテーマを(だからこそ)バカ真面目にどんどんどんどん掘り下げていく手法は、リスナーを中毒にさせる。こちら側も深くみにハマっていくんですねぇ。いや、むしろ好んで。
そんな番組です。>>東京ポッド許可局
ご興味あるかたぜひ。

とまぁ、前フリが長いのですが、本題はここから。
ロボットアニメといえば、エヴァ、ガンダム、攻殻機動隊、ドラえもん、ロボコン、くらいしか知らない私。しかもまともに全シリーズ見ているのはエヴァと攻殻くらい。まぁ、正直、私程度の人はいくらでもいると思います。

そんな中、数ヶ月前、友人が「マクロスF(フロンティア)」という映画を貸してくれたので、アニメだしサクっといけるかな~なんて思い見始めたら、まんまとハマりました。

正直、すごい熱狂的なファンがいる作品だし、女の子やたらおっぱい大きいし。とか思っていたんですが、演出とか画角とかがものすごくカッコよかったです。終始、あぁ、「男の監督さんの作品だな」というのは感じましたけれど。
マクロスシリーズはミュージカル戦闘バトルアニメのような感じで、ヒーローは戦闘機に乗り、ヒロインが歌い、敵をやっつけるというのが根底にある物語。そんな中、ちょっとお色気系もアリなジャンルらしく、戦闘機のシーンと、女の子のシーンでの画角、演出が結構あからさまにわかりやすくついていて、おもしろかったです。しかも女の子の画角の中でもシリーズのファン男性の趣味、ツボを得てる感じのカットであろうものもいくつか入っており、ちょっとびっくり。
とはいえ、さじ加減はものすごく上手。普通に見ていたらたぶん気にならないレベルにまで薄まっていて、日本のアニメ演出すごいなと思った次第。

劇場版を観て、この“マクロスイズム”みたいなものに、まんまとハマって興味を持った私は、現在、過去作品の旅に出ております。
初代の「超時空要塞マクロス」が放送されたのは、今から30年前だそう。30年前はPCもないですしセルは手描きだったはずだし、作品そのものと制作背景のバックグラウンドに感動を覚える私です。
しかし、当時の作画家さんは、みなさん画が上手い。感動。地頭ならぬ、地画力。基本あっての応用だなとつくづく。
あれだけの作品をすべてアナログで制作していたなんて。なんて素敵な時代だったんでしょう。

私の旅はまだまだ続きます。いつの時代も、歴史があるものを振り下げていくことは楽しくて仕方ないですね。
知見蓄積万歳!!(笑)

そのうち、部屋にいろいろ増えてきたら写真でもUPしようかと思います(笑)。

#結構マジでオススメしてます。マクロス。戦闘機もカッコいいし、キャラもかわいいよ。だまされたと思ってぜひ。
あ、ガンダムよりは子供向けです。

泣きました

昨年から仕事のこともあり、アニメ作品を結構な割合で鑑賞する機会が増えました。
そんな中、個人的に好きな作品もできました。それが今テレビ東京でオンエアされている「夏目友人帳」というものです。もうシリーズも4作目だそうで(私が見始めたのは「3」からでした)、人気がうかがえます。しかし、私はそれまでまったく知りませんでした・・・。うーん、もっとたくさんの人に観ていただきたいなー。もったいない。
とても静かでやさしい物語です。1日の終わりに観ると本当に気持ちが穏やかになれますのでオススメ。

とまぁ、その作品のスタッフが手がけたという「蛍火の杜へ」という短編アニメが発売されるということで、購入。
先日ディスクが届いたので、ようやく鑑賞しました。

ここからは内容のことを少々。※ネタバレ的なものあります
登場人物は2人+季節。といったところ。尺は44分。
夏休みに訪れた祖父の田舎で、不思議な青年、ギンと出会う少女、蛍の2人の淡い恋物語。
人間でも妖怪でもないギン。しかし、人間に触れると消えてしまうという術をかけられているため、蛍に触れることができない。そんなもどかしい設定でこのお話が始まります。出会った頃は小学生だった蛍も、夏を重ねるたびに少女から大人になっていく――。一方、歳をとらないギン。
いつしか蛍の目線がギンと並び、お互いの思いが溢れていきます。そしてお祭りの日――。

そんなお話です。
「夏目友人帳」より、少し大人味。
最後の最後、静かに感情あふれだす場面があるのですが、やはり心動かされ、自分の思いもあふれ、泣いてしまいました。

登場人物のココロの動きすべてが台詞ではなく、「画」「音」で表現されて、映画の手法がめちゃくちゃ盛り込まれていました。
鑑賞後、監督さんのインタビュー記事を読んだら、手法・演出はあえて映画の作り方を意識したと書かれていて納得。
このお話、実は主人公は季節なんでは? 要は「夏」。日差し、森の緑、音・・・などなど、やっぱり夏は空気感ふくめ、物語の設定として適した季節だなぁ。と実感しました。
そんな思いもあって、登場人物は2人+季節。と表現した次第。

夏に起こったギンと蛍の静かな恋の物語。

またひとつ、好きな作品が増えました。

すべてはリズムだ!

久しぶりに試写に出向きました。3月公開予定の品川ヒロシ監督の「漫才ギャング」
お仕事ストーリーでもあり、友情ものでもあり、もちろん笑える。エンターテインメント性120%の1本。彼の前作「ドロップ」もそうでしたが、要所要所に盛り込まれている“男”の部分が個人的にはとても刺ささります。暴力では何も解決していないのですが「クローズ」同様、拳(こぶし)で分かり合える的な部分で【男子っていいなー】ってこの手の作品を観るたびに感じます。
ま、個人的にセックス、ドラッグ、バイオレンスものの作品が好きということもありますが……。

さて、「漫才ギャング」の話題に戻しますが、一番に感じたのは“テンポ感”。計算されつくした間の取り方、言葉選びは是非劇場で確認していただきたい。
ヒッチコック作品のそれが映像で表現されているならば、こちらはまるで観客の呼吸にあわせているかのごとく畳み掛けるように進む会話の数々。映像があるとはいえ、目を閉じて会話だけに神経を集中させていても、この心地よい(と感じる)テンポ感はさすがの一言。
別件で会話のテンポ感を勉強している最中だったので、インタビュー用とはいえ、とても参考になりました。

「漫才ギャング」は3月19日~ロードショーです。あ、原作は竹井さんのところのリトルモア。さすが。

新事業スタート

ここ数ヶ月あたためていた企画が一歩前進しそう。
数週間ほど、びっちりこの企画のことで走り回っていたので、なんかほっと一息ついてます。

アリスのDVDが出たり、アリエッティー、TOY3が公開されました。どれも素晴らしい作品です。
アリエッティーは、トトロの流れを汲む作品です。TOYはもう安心の1本。ラストが憎いです。こちらもまた、素晴らしいです。是非3Dで見ることお勧めします。
個人的に3Dは2Dもの作品と相性がよいと感じています。
なんかこと映画に関しては実写ものが3Dになっても、あまり意味を見出せないのですが、これってやはり「2Dだったものが3Dになる」という基本的な構造の問題でしょうか?

また「ソルト」のアンジーも美しかぁ~。
来週は「日本のいちばん長い夏」「ペルシャ猫を誰も知らない」をどこかで観に行きたい。あ、「ヒックとドラゴン」も。

もうじきお盆休み。暑い夏だからこそ、涼しいシアターで映画鑑賞などいかがでしょうか。自宅での鑑賞もいいですが、やはりスクリーンで見る迫力は体感してナンボでございます。
あと、会話しなくて時間が過ぎるデートスポットなので口ベタなアナタにも、オススメです(笑)。

モロカンスタイル・シングルライフ

やっと「SEX AND THE CITY2」、通称、SATC2を観てきました。「孤高のメス」は次回へ持ち越し。

相変わらずSATCの4人はパワフルです(笑)。
今回は前作から2年後の設定で、“独身キャリアウーマンライフ”ではなく、“結婚生活”がキャリー目線で描かれていました。予告でおなじみ、アブダビのシーンは、4人のモロカンファッションがかわいすぎ!!
モロカン含め、アジアン・アラビアンなものはテンションあがります。

個人的には、今回の作品の満足度は高くないのですが(私はキャリーが苦手なんですよ……今作品はその苦手な部分が前面に出てまして……)、その理由は“現実的”、というか“生活”だったからなのかもしれません。
ま、そんなこと言ってる私はというと、ものすごく生活臭ただよっているんですけれども(苦笑)。

さてさて、そんな所帯くさい私ですが、映画の後は最近我が家で活躍している、「Lekue」のSteam case で夕飯の支度を。実は頂きものなのですが、本当に便利です。大概のメニューはLekueで出来ちゃうくらい。しかも早い!
ササっと調理したい人、是非お試しあれ。サイズもいろいろあります。
こうしてどんどんシングルライフが充実していく。いいのか悪いのか。

ま、いっか。

「Lekue」Steam case を見てくださいな。
http://www.lekue.es/idioma.php

コンペ・出張、スキーム作成、取材準備@台場

面白いですー

某、イラストレーターさんのところで発見。
「LOGOMANIA」

素晴らしーー。面白いです。

『腐女子彼女。』ってリアル?

2日間続けて映画ネタですみません。

こちらをご覧になっている皆さんは、私のお仕事対象者のファンのかたとか、リアルな友達とかいろいろいらっしゃると思うのですが、結構長い期間こんなblogを見てくださっていたら、私がゲーヲタだってことは周知の事実かと(笑)。
音楽はもちろん、本、漫画、映画、ゲーム、家電、お酒、車、などなど、趣味は人それぞれ。ま、私の場合は“趣味”といえないライトな知識なものばかりなんですけれど、それでも楽しく満喫しています。

最近、ゲームのやりすぎで、脳内お花畑、電波な私ですが、そんな私にぴったりの映画を見てみました。
『腐女子彼女。』

私はBLは全然わからない(知識がない)し、興味がないのでアレですが、私の部屋の中だって、ゲームや漫画に興味ない人からみたら、ドン引かれるんだろうし、そう考えたら“腐女子”カテゴリでいいんじゃねーの。ってことで。ね。
この映画は何かヲタ的要素があるかたなら、共感できる部分が多々ある内容のものでした。
私もそうですが、隠しているわけではないけれど、積極的に「ハイハーーイ! 私ゲーマーでぇすー。セフィロス萌え~~」とか言いませんし(笑)←誰が好き? と聞かれたら答えますけど……、なんとなく、隠してるっぽくなっているのが現状。そういう女の子は多いと思う。特に、私くらいの年齢になるとBLやはもちろん、ジャニーズ好きとかいうことにためらいがあるのは事実ですし。彼氏に隠している人だって多いハズ。
そんな人に観てもらいたいなーって1本です。もう観たまま、そのままの映画。私は笑いました。アニメの元ネタを知っていたらより笑えるかと。※ガンダム、ナウシカあたり

そういえば以前、友人の男性から言われたのですが、「オマエ、付き合う前にオトコを部屋に入れんなよ」と。
そのココロは、
その1、まずは引かれる
その2、部屋に来た目的を忘れる(笑)。←いろいろ楽しいものがありすぎって意味。
というモノ。

部屋に呼んで、目的を忘れてしまわれるのは悲しいので(笑)、娯楽はほどほどにってことで。ね。
ま、でも私は昔から、明るいオタクをずっと目指していましたので、今の状態は案外気に入っているんだけどな。

劇場『BANDAGE』

本日改めて大きなスクリーンで鑑賞。@『BANDAGE』

やっぱりあっくんのドラムはカッコイイ。
そして、杏ちゃんの曲が一番よかったというオチとか、YUKIYA役の高良健吾くん、ハゲタカのあの派遣さん役だったことを知って驚き。高良くんは『蛇とピアス』のときも思ったけれど、銀幕が似合う。
そしてやっぱり私はギタリストが好きだ。特にYUKIYAみたいなわけわらない人(笑)。
こういうミュージシャン、音楽業界にいそうです(苦笑)。なんかそれらしいこと言ってるんだけど、実は全然答えになってないとかね(w。 雰囲気ものです。こういうのは(爆)。

以前も書きましたが、この映画はバンドを通じた青春群像劇です。とりたててメッセージ性があるわけでもなく(それは狙いだけど)、共感してもらえたらOK。という、本当に今っぽい空気を詰め込んでいるので、同世代の人の感想をきいてみたいところです。

『THIS IS IT』リリース!!

2010年1月27日です☆

↓↓これは限定です。

  • ヨッ写

  • bookmark

ページのトップへ