キレイ

桜テストです

sakura

京都の桜

京都の桜は毎年きれい。

新しい出会いをくれた店員さん

野暮用を済ませるために、伊勢丹新宿店へ。
ひととおりの用事を済ませ、自分の買い物のためにフレグランスコーナーへGO。今回は欲しいブランドも決まっていたので、とりたてて冒険する予定もなくすぐに買い物は終わるはずでしたが、とても素晴らしい店員さんと出会いまして……。私にとって、数年ぶりとなるスタメン決定となる1本を購入させていただきました。

もともと買おうと思っていた商品の話から、普段どんな香りが好きかという話題になり(個人的に甘い系は苦手で、メンズ系が多いのですが)、だったらこちらの香りもきっとお好きだと思いますよ。と、別のフレグランスを教えていただきました。どんなかなぁと、テスターさせてもらったら、ひとめボレ? ひと嗅ぎボレ!!

私にとっての香りは、自己主張というか意思というか……。オシャレ的な要素より私、そのものだと思っているので、香りはモチロンですが、ブランドのスピリットとか歴史などに共感していることが大前提です(「プラダを着た悪魔」じゃないですが、お洋服やバッグなどにも言えますね)。
今回教えていただいたブランド、私は未見だったのですが、接客してくださった店員さんがブランドの歴史などはもちろん、商品知識も高くて、成分やTOP、MIDDLE、LAST の変化についてもかなり詳しく説明してくださり個人的に大満足。プロの仕事だなぁと惚れました。一番シビれた瞬間は、調香師さんの顔を知っていたとき。素晴らしいなぁ。

ということで、実名出させていただきます。
新宿伊勢丹のフレグランスコーナーにいらっしゃる鈴木さん(女性)。
本当にステキなお仕事拝見させていただきました。鈴木さんのおかげで私は勝負? 戦闘ノートを手に入れることができ、また明日からの仕事が頑張れます。 また、買い物は物を買うだけではなく上質のサービスにもお金を払っていますから、この買い物は私にとっては金額以上の価値があるものでした。
今自分が使っている商品をいくつか伝えると、好みの香りが出てくる。
これもひとつのソーシャルと言えそうです。
本当にありがとうございました。この香りに負けないような人生をしょっていきたいと思います。

さぁって、2010年もあと少し、頑張るぞー!
仕事もそうですが、大掃除もやらなくちゃ。

ホホバオイルの実力!

先日友人より、オーストラリア土産として「PRO BIO」(オーガニック)を頂戴しました。試しに美容液として使ってみると、かなりイイっ。
オイルと謳っているのに、まったくベトつかず、使用感はサラりとしたもの。
たった一度の使用から、体感できるほど肌の調子に変化が。うぅー。おそるべし。ホホバオイル。
今まで積極的にホホバオイル系のコスメを試してなかったのですが、これからチェックしてみようかなぁ。
私、このブランドノーチェックだったのですが、すでにかなり有名な様子。
しばらく使用して、スタメンになるか否かを検証したいところ。

コスメといえば、クリスマスコフレも各ブランドそろいぶみでキラキラ。
この時期の百貨店の1Fはとてもデンジャーゾーンです(苦笑)。

#伊勢丹は今年のクリスマスも、クラウス・ハーパニエミのイラスト展開。
ショッピングバッグがかわいすぎて、思わず自分用にもラッピング頼んでしまいました。すみません。

光なしでは語れない芸術

先日、ふらっと、那須にあるステンドグラス美術館へ出向きました。
「那須ステンドグラス美術館」
もともとガラス細工や、ルネッサンス時期以前、以降と、そこになんらかの意思や意味のある芸術に惹かれているのですが、まさにここは、建物そのものが作品でした。

外観はイギリスのマナーハウスを再現したという石造りの素敵なもの。
中には、100~150年前のイギリスのアンティークステンドグラスを中心に展示してあります。館内には賛美歌が流れ、アロマ効果でどのフロアにいてもよい香りにつつまれ、ステンドグラスを通じて射し込む光はどれも厳かでやわらかくて、この世のものとはいえぬ美しさを体感できました。もともとステンドグラスは教会などから始まったものですが、光の反射が前提で作られる芸術作品。だからこその陰影までも計算しつくされた職人技の細工ひとつひとつに、感動せずにはいられませんでした。正直、時間を忘れて見入ってしまいました。

各正時には、建物なかの、セントラファエル礼拝堂(なんと、マリア様はイギリスから寄贈されたものだそう)でパイプオルガンの演奏が行われ。私が行ったときには、お正月ということもあり「威風堂々」など3曲ほど(ほかは賛美歌関係だと思われ)演奏されておりました。また、同じくして、ガブリエル礼拝堂(こちらも建物なか)では、アンティークのオルゴールの演奏? 実演? が行われます。オルゴールも3曲(←加筆します。ウソです。4曲です)。この日は、「トロイメライ」「アメージンググレイス」「星に願いを」(「フィガロの結婚」)でした。ステンドグラスからの光を浴びながら聴く「威風堂々」「アメージンググレイス」は感動モノです。涙が出そうになりました。なんでしょうね。すべて許容してくれるたおやかさと、深い慈悲という表現だと陳腐すぎるのですが、とにかくあの空間は反則です。
普段腹黒い私ですが、心がすこしきれいになった気がしました。
平日に訪れたこともあって、どちらの演奏も私ひとりだけで聴かせていただき、贅沢な時間を過ごしてきました。

近くにこんな素敵な場所があるなんて、うっかりしてました。
正直、以前ドイツ・マインツでみた、シャガールのものよりも感動しました@聖シュテファン教会
これからお気に入りスポットとして、定番化したいです。

#館内は撮影禁止でしたので、隣にある「セント・ミッシェル教会」の中を含め、外観とあわせて。雰囲気だけも。言いわけですが、一人旅だったもので、コンパクト(カメラ)です。次回は絶対に一眼持って行きます!

ってことで。なんちゃって写真です。※クリックすると写真がちょっとだけ大きくなります(笑)。
サムネ一覧はコチラ。

靴ずれ

本日、おNEWの靴をはきましたら、完全に靴ずれ起こしまして。しかも私の人生の中で、間違いなく、史上最悪の靴ずれです。すっごい痛いです。
お風呂が痛くて、涙、涙です。こまったもんです。

さまざまな問題が山積中。
確実に確実に。

海洋深層水美人は1日にしてならず

四国からえっちらおっちら帰ってきました。

うーん、海洋深層水での美肌は1日にしてならずって感じでしょうか。
だからこそ、ウトコは長期滞在型のホテルだということを、身をもって実感。
でも、なんともいえずまったりした海洋深層水の質感は、クセになりそう。ミストも予想どおり気持ちよかったです。
白を基調としたホテル・施設も清潔感があって◎
そして、部屋には海洋深層水のペットボトルが6本ほど! しかも「どうぞご自由に」うひぇーー。太っ腹! 
お料理もヘルシーかとおもいきや、そんな精進料理っぽくなく、普通にお魚やお肉、朝はパンですし、おいしかったですよん。ニューサマーのジャムが美味でした。
あー、1泊つぶしたことが悔やまれます・・・。

何もないとはいえ、私は行かなかったのですがホテルから車で5分くらいのところに「室戸ドルフィンセンター」という、イルカと戯れられる施設があり、友人は絶賛しておりました。興味あるかた是非ー。

なんて素敵な海の底

3年ほど前に話題になったホテルが来月ついに完成だそうで。@フィジー
「Poseidon」
世界初の海底リゾートホテルってことで、話題でした。まぁ、お値段もそれなりでして……。海底二泊、地上四泊の一週間滞在でお一人さま1万5000ドル、約180万円から。
プレスで見学だけしたい気分です。いいの。泊まらなくて(笑)。見たいのよー。
久しぶりにアガるホテルです♪ 

まぁ、天変地異でもおこらない限りポセイドンは無理ですが、ちょっと贅沢気分を満喫するために「ウトコディープシーテラピーセンター&ホテル」に行ってます。海洋深層水のアエロゾルとかエステが楽しみ過ぎます。

海の底ではないですが、ニア、ニア! で、リラックスしてくるつもり★

おもさんでカット

やっとサロン詣で。

バッサリ短くしてもらいました。
ふぅ。いろいろな憑き物が落ちた感じ。
やっぱり気分転換になるなぁ。

なんかずいぶん前の気がしていますが、TUBEさんの夏のツアーロゴのお仕事をさせていただきました。
今回はTシャツのデザインもさせていただき、ちょっと面白いのができましたので、よろしければ観てみてください♪
武田さん、お世話になりました! お疲れ様でした。

横浜、タソガレ

野暮用で横浜へ。
今週2回目です。

横浜に来るといつも思うんですが、なんか空気が都内と違う気がします。
なんでしょうね。叶うものならば、こっち方面に住みたいくらいなんですよね。
実は数年前、横浜周辺に住処を構えようと、ぽつぽつ物件を探していた時期があったんですが、なかなかよいトコロがなくて、いつのまにか尻すぼみになっていってしまいました。

ただいま横浜は開港150周年まっただ中。あと2ヶ月ちょっとでおしまいですが、それまでにもう1度いきたいな。

忙殺中の現実逃避、しばしの休息。

UK生まれつながり

steamcrea.jpg
つなビィでも載せたのですが、お友達からいただいてから絶賛愛用中の「スチームクリーム」。
UK生まれで、カオや手はもちろん、なんと髪の毛にも使えます。そうなんです、要するに・・・全身OK。
これは便利、おまけに値段も安! 素晴らしいです。
缶もかわいいですし、いつもバッグに入れて持ちあるいています。
※今だと2個以上で送料無料♪ チェキ★
http://www.steamcream.co.uk/

ってことで、UKつながりでもう1本。べックとクラプトンライブに行ってきました。@埼玉スーパーアリーナ
3部構成で、1部がベック、2部がクラプトン、3部がジョイント。ジョイントはブルース祭でした。
今宵は、個人的にはベックかなぁ。と。
何にせよ。レジェンドです。この時代に感謝。
しっかし、ベックのバンドにいる、少女っていってもいいくらいのベーシストが可愛らしいんです。夢がある!
彼女、ドラマーのヴィニー・カリウタ推薦でベックバンドに入ったそうですが、名前はタル・ウィルケンフェルド。年齢は22、3歳ですよ!!(「クロスロード・ギター・フェスティバル2007」のとき21歳だと書いてあった!! ) すごすぎです。youtubeで見る限り、フュージョン系のベーシストみたいですね。
タル・ウィルケンフェルドのyoutube

  • ヨッ写

  • bookmark

ページのトップへ