その他

野田さんのドキュメント

先日、衆議院議員の野田聖子さんのドキュメンタリーが放送されました。
「私は母になりたかった ~野田聖子 愛するわが子との411日~」

「SKY IS THE LIMIT」

可能性は無限大

野田さんが好きな言葉だそうです。※野田さんのblogより

野田さんは50歳で卵子提供を受け、妊娠→出産
野田さんのお子さん、片手に乗ってしまうぐらいの小さな身体に、聞いたことのない名前の病名がいくつもついていました。さまざまな疾患、病気を産まれながらに抱えた、いわば健常ではない状態。
そして、生まれてすぐに身体が傷だらけになるような、手術を何回もしていて、その治療中にさらに、また別の病気が発覚し・・・。ほんとに素人目では、生きていることが奇跡のような赤ちゃんでした。
これは自然妊娠ではないことや高齢出産など、さまざまな要因があるかと思いますが、今回はこの問題については割愛。

ドキュメントでは野田さんとお子さんを約1年間を追いかけていたものだったので、そこで終わっていましたが、個人的に、この番組からエゴと生命についてとても考えました。

野田さんは番組タイトルにあるように、「母になりたかった」のか否か。
生まれるまえから、大病を患っていることがわかり、それでも出産。
この行為は、親のエゴなのではないのか。
これはきっと私以外の人でも簡単にいきつく思考だと思います。

でも、その考えこそが自分のエゴなのではないか。。。

たったひとつの命。
産まれた子供が健常だろうが障害があろうが、親になるということは、それらさえ瑣末なことといえるほど尊いことなのかもしれません。

以前、教育実習でお世話になった学校の先生が私に教えてくれました。
「障害を持つ子供がいることを恥ずかしいと思っている人は、むしろ健常なお子さんをもつ親御さんだけ」

また、とある聴覚障害を持つ友人はこう言いました。
「聴こう、話そうと思って頑張っているときが一番ツラかった。私は私の人生、聴こえない人生、しゃべれない人生を生きればいいじゃん。と思ったとたん、すごく楽になって、毎日が楽しくなってきた」

大変そうだ。

そう思っている次点で、私は障害をもつかたたちを、自分と同じ目線で見ていないことに、これらの言葉で気付かされました。

今回このドキュメントを観おわって、そのときの感覚と同じものをいだきました。
きっと野田さんのお子さんは、後遺症が残ったとしても、両親を恨むことはないと思います。
ただ、これはあくまでも想像ですが。
少なくとも、自分自身が子供の立場だったら、恨みはしないだろうなと。

実は私も右手の親指の付け根を幼い頃やけどをし、左手と同じように開くことができません。もちろんアザもあります。結構な歳まで母親は私に皮膚移植をしろと、ものすごく勧めましたが、私はあまりその必要性を見いだせず現在に至ります。
確かにピアノを習っているとき、実害はありましたが(頑張ってオクターブがギリ)、それでも運指を工夫したらクリアできる楽曲も多くありました。
母親は私にやけどを負わせたことへの罪悪感がずっとあったのだと思いますが、私自身は全く気にしていませんでした。

やはり、この世に生を受けた以上、最終的には自身が「どう生きていくか」なんだと思います。

多分このドキュメンタリーそのもの、野田さんの生きかたなどには賛否両論あっただろうと思います。
でも、そんなもの、野田さんのお子さんしかわからないでしょう。
なんか、結局こんな感想ですみません(笑)。

SKY IS THE LIMIT. 真輝くんに幸あれ!

Hello! 2012☆

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は、昨年のもろもろを踏まえ、自分自身にあえて足枷をつけて、仕事に取り組んでいきたいかなと。
もちろんフットワークは軽いままで。
あとは、もっと自分を信じること。と、新年早々、宗教じみておりますが、いかんせん2011年は迷いの年でもあったので、今年は自分の信じたことを純粋に信じきってみようかなと。なんのこっちゃ、だとは思いますが、要はカンを鈍らせないこと。と同意味です。人の意見に耳を傾けないということではなく、中島みゆきさんも歌っていますが「おまえが消えてよろこぶヤツにおまえのオールを任せるな」。的な意図で。
なんかエグイいですが、なんかここ1,2年、自分のペースで仕事ができていなくて、私自身もガタガタなので、その立て直しもふくめ……ですね。そのための勉強も強化していく1年にしたいと思っております。
それに・・・・
昨年は大変不義理した年でしたので、今年はたくさんのかたとよく食べ、飲み、笑いたいです。

って結局ソコかよ!

みなさま、今年もこんな感じですが、どうぞよろしくお願いいたします。

追伸:年末のコミックマーケットもおかげ様でたくさんのお客様にあそびに来ていただき、盛況でございました。
私個人としても、いろいろ勉強になることがあり、とてもよい経験をさせていただきました。

東日本大震災

約一週間前の金曜日。

私は神田にある事務所(10F)で仕事をしていました。
ちょうど外注さんと電話していて、揺れだして・・・・という感じでした。
今でもあの瞬間のできごと……デスクからドカドカと落ちていく書類やPC,モニタたち、そして本棚から落ちてくる本たちの光景は私のまぶたに焼きつき、正直余震の続く今現在も、ちょっとの揺れでこの瞬間のことが思い出されるほどです。
都内でこれだけの揺れだったので、東北のことを想像しただけで足が震えます。
私ですら、しばらくはずっと揺れている感覚が身体に残り、船酔い状態でしたから。ま、今でも若干残ってますが。

正直、今までだってちょこちょ揺れはあったと思うんです。
なにせ地震大国、日本ですから。
でも、やっぱりどこかでリアルじゃなかったのかもしれません。
頭だけで理解していたのでしょう。

阪神淡路大震災の際に、フリーの仲間と手伝いにいき、その現実を目の当たりにしました。そのときから震災に対しての意識レベルは普通のかたよりも高いと思っていたのですが、やっぱりまだまだだったんだと、今回のことで痛感しました。

私の友人や仕事関係のかたも仙台をはじめ東北に数多くいます。一人の友人とスカイプで話しをすることができ、先日長話をしたのですが、電気は通ってても水がない、という状態が今日現在も続いていたり、現場では人間のエゴがむき出しになっているそう。
自宅の屋根の上で2晩を過ごし、そのあいだ目の前で流されていくいろいろなものの画は、地獄絵図だったと言います。

被災地は農業や漁業で生計を立てている人が大半だとのこと。
高齢者のかたが、避難所でのインタビューで「こんなことなら長生きしなくちゃよかった」というコメントをしていましたが、もうしわけないですが、私は激しく同意できました。
年金暮らしでお金もない中、すべて失って、どうやって生きていけと。命は大事だし、そんなことあたりまえなんだけれど、軽々しく「生きててよかった」なんて今は他人の私は言えないです。

私は有名人でもなんでもないので、影響力もないから、まとまって役に立つほどの金額を用意することは出来ないですが、それでも仲間と募って今できる分だけ用意させていただき、先日団体へ寄付してきました。この話を書くかも悩みましたが、つまりはそういうことだと思うんです。
お金。
そして、自分たちの暮らしのために節電しながら日常生活。

お金はまた一生懸命働けばいい。うん。

知り合いのアーティストたちもみんな立ち上がっています。

何かの縁あって、ここを読んでくれているみなさん、今一度、自分達、自分の社会貢献とはなんぞ。を考えてみてほしいと思います。
買いだめすることが社会貢献とは到底思えないし、原発問題も、ここまでくると、無知ももはや罪です。
正しい知識をまずは自分で蓄え、学習せよ。

最後になりましたが、これからです。
災害はブームでもイベントでもなんでもない!
最近はなんか自分も参加しなくちゃとか、参加している自分を楽しんでいる人が多いように見えて仕方がない。
もっと地に足つけて、しっかりしてくれ。若者よ!!

来年の春には仙台のいちごが食べられるように。来年は無理でも再来年には。ね!! 気仙沼のフカヒレは最高にうまいし、牡蠣だって有名。茨城の納豆もおいしい。福島の桃もおいしい。うん。
私はどれも覚えています。

余談:::
私も今回のことで、個人的なことですが、仕事に対しての考え方をずいぶん考えさせられました。自分もこれからいろいろ答えを出そうと思っています。

小さな命

今日はきちんと記録として残しておきたいことがあります。
まったくのプライベートですが、個人的に書き記します。

ここのblogにも何度か登場している、我が家の愛猫の1匹が先日天に召されました。

実家より一報が入り翌日10時の火葬に間に合うよう、朝イチの新幹線で実家へ。
居間に横になっている姿をみたら、ただ泣きつくしボーゼンとしてしまい。
荼毘にふされるその瞬間まで、私は彼のそばを離れることができませんでした。

夜になってもその思いはあふれ、そして今、こうしてこの話題を書いている瞬間も、その悲しみがよみがえってきてしまいます。
いろいろな事情で、一緒に暮らすことができなくなり実家で飼うようになってから十数年――。
私とすごした日々なんて、猫にとっては忘却のかなただとは思いますが、私にとっては蓮と過ごした日々はかけがえのない時間でした。

たった一度だけ、私がまだ20代前半の頃、布団の中で泣いていたら、いつもは布団のそばには来ない蓮が、私の頬に流れる涙をペロっとなめに来たことがあったのですが、後にも先にもこんなことをしたのはこの夜だけでした。また、我が家に友人が来たときも、私があまり得意ではない人に対しては、まったくなつきませんでした。このシンクロ率は100%。今、思い出しても不思議な出来事です。

なぜか今年に限って年末とお盆に帰省していない私。
生前の蓮に触れた記憶がもう1年も昔の出来事で、何をやってるんだ私はと、ここ数日毎日毎日思っては、明日もあさっても、この日が続くとは限らない現実をかみ締めています。正直、この事実は誰よりもよく分かっていたはずなんですけれど。

もう二度と蓮の体温を感じることは出来ないし、話しかけたりもできない。
そして、
しばらくはこの悲しみから開放されることもない。
訃報を聞き、何もかも放り出して蓮に会いにいったけど、結局遅い。
いくら名前を呼んでも彼は目をあけてはくれないのです。

それまで犬しか飼ってなかった私が、初めて猫を飼ったのが蓮でした。
新宿のペットショップで衝動買いに近い状態で買って家族になったあの日から、私の20代は蓮と共にありました。
とても賢く、最期まで自力でトイレに行こうとしたと母から聞き、さすが蓮。と最後にたくさんほめてあげたいです。

小さな命の終わりを経験するのははじめてではないですが、やはりこの経験は切なくつらいものです。

私が蓮にできることはもう何もなくなっちゃったけれど、それでも日々蓮を思い、これからも過ごしていきたいなと思っています。

蓮、生まれてきてくれて、私と家族になってくれてありがとう。

大掃除 後編

予告どおり、日曜日は掃除後編。
窓ガラスやら網戸やらエアコンやら、まぁ、出るわ出るわのゴミと格闘しなんとか終了。
ずいぶんとすっきりしました。気持ちいいやね。
掃除して運気UPです。

が、しかし、この掃除中に足を捻挫。
ま、いっかと放置していたら、掃除が終わる頃には片足をひきずるほどの痛みが。
完全に捻挫です。お風呂あがりに湿布を貼るも、ちっともよくならず、今日はそのままの状態でヒールを履くハメに。
い、痛いでゴワス。

今週は入稿もあるし、パーリィーもあるしで、お祭りだなぁ。

にしても、足が痛い。

大掃除 前編

今週末は、今月頭から決めていたとおり、仕事関係の飲み、プライベートな予定も一切入れず、大掃除を実行しました。ここのところ平日の夜は仕事か忘年会的なものでうまり、週末は友人との予定でうまり、とあわただしい感じでしたので、やっともろもろの用事を片付けました。

本日は前編として、入り口から部屋前まで(風呂場除く)を制覇。靴も一気に捨てました。
そしてお天気がよかったので、カーテンなどの大物も洗濯。
明日はいよいよ本丸です。窓ガラスや網戸、エアコンなどなど。
世間的に大掃除にはちょっと早いのかもしれませんが、ここを逃すともう時間がないので、一気にやっちゃいます。
そして年賀状も終了。
来年のカレンダーの用意もバッチリだし、一足先に2010年さきどってます。

任天堂の本気

今、巷で流れている、newスーパーマリオWiiのCM
オフィシャルサイトはコチラ

これの店頭用のプロモーション用ビデオのクオリティが高いんです。
ぜひ大手量販店でごらんになってくださいませ。
このCMはこの4人の設定がすべてを物語っており、より多くの人が、あぁ、私、このタイプだわ。って思えるようなつくりになっています。
そして、この店頭用プロモでは、CMよりさらに細かい描写がなされていますので、よりそれぞれのキャラが明確に印象付けられています。そう、私が幾度となく見てきた、ゲーム初心者の姿が松嶋さんにあり、興味もないという人のリアクションが生瀬さんにありと。
ツボだったのは、松嶋さんと二宮くんのプレイシーン。必見の価値あります。

4人で遊べる、2人で遊べる、もちろん1人でも遊べる。
ゲーム好きな人も、やったことない人も、興味ない人も、もちろんお子さんも。
全然できなくても、助け合って進めることもできる。

そして。
楽しそう

なんです。

このCMはゲームの魅力やできることを、この4人がすべて代弁している、ものすごく直接的なものなんですが、全然買って買って臭がほとんんどないのは、ゲームという商材だからでしょうか。そして私がゲーマーだからですか?
任天堂はほかにも、ハードやソフトごとに最近リーフレットを制作しているんですが、この出来も素晴らしいです。ウラではいろいろあるのかもしれませんが、CMしかりすべてのパワーバランスがいい作用に働いていると、個人的に感じております。

googleのCMもそうですが、やっぱりワクワクするような、そんなCMは見ていて楽しい。
店頭でスーマリのデモ見たら、きっと欲しくなると思います。本日、私がぼんやり見た5,6分のあいだだけでも、5人くらい買っていったし。
ということで、CMの役割もきちんと果たされていて、文句ナシですな。

月と暮らす

月の満ち欠けを意識した生活を始めて早いもので、もう7年。自分のバイオリズムが月の満ち欠けと関係していることがわかってからは、ムーンカレンダーを自分の生活に上手に役立てています。
満月になっていく過程に調子がいい人、逆に悪い人。2~3ヶ月手帳にその日起こったことを箇条書きで書くだけで、リズムを感じられ、結構周期的にいろいろなことが起こっていることがわかって面白いと思います。
私の場合は、プラス、西洋占星術を活用しており、各星の運行状態なんかも役立てております。※水星逆行だとコミュニケーションにトラブルおきやすい、など。
どれも気持ちの持ちようですが、私にはあっているみたいです。

ちなみに今日、17日は新月です。
お願いごとをする日ですよー。

そういえば、最近、ブレスの浄化にホワイトセージと天然鉱泉水で作られた浄化スプレー(スマッジングウォーター)を使っているのですが、なんかいい感じです。スプレーについているフェザーが◎。
今までのクラスター&セージからパワーアップした気がします(笑)。

来年も私の大事なパートナーです。

アイオライト

北海道転勤になった友人と、半年振りに再会。
そういえば、彼女が北海道に行く前もここで飲んだっけ? なんて思いながら。
大いに笑った夜です。

以前仕事で「アイオライト」という単語を調べたところ、“人生の羅針盤”という意味を持つパワーストーンだったことがありました。なんかいい単語だなぁと思い、心のメモ帳にそっと書き留めたのですが、なかなか使う機会に恵まれておらず……(笑)。
しかし彼女と話していたら、この「アイオライト」が急に浮かんできたのです。
私の直感なんてアテになりませんが、これがいい感覚なのか、ダメな感覚なのか。
今が私の正念場。心穏やかにすべてのことを受け入れて前にすすんでいきたいなぁ。

連休も後半ですか。まったくそんな感覚ありませんー。

30日の選挙に向けて

このアイデアは面白いなぁ。すべての政党のマニフェストを見比べるほど暇じゃないから、このシステムの精度が高ければ投票の参考になりそう。
簡単な質問に答えていくと、自分の考えかたに一番近い政党がグラフで出てきます。
面白いです。

えらぼーと
http://mainichi.jp/select/seiji/eravote/09votematch/etc/

  • ヨッ写

  • bookmark

ページのトップへ