世間が「冬のソナタ」を筆頭に、“韓流”などと騒ぎ始めたのが、
今から約8年ほど前。
遅ればせながら、我が家にも“韓流”ブームがやってまいりましたよ(笑)。

というのは半分ほど冗談なのですが、仕事で必要になったため勉強しておこうと、先日からいろいろ観ております。
正直、韓国ドラマは「美男ですね」くらいしか、個人的に熱中して観たことがなく、どれから手をつけてよいのやらでして……。
うーむ、困ったと思っていたのですが、結局知人にヘルプを出し教えてもらいました。

速攻返事が来まして、おすすめされたものは「宮」「私の名前はキムサンスン」「コーヒープリンス一号店」「マイ・プリンセス」「ビッグ~愛は奇跡〈ミラクル〉~」「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」、そして「美男ラーメン店」という感じ。
このラインナップがイケてるのかどうかの基準すら持っていない私なのですが。大丈夫かな・・・。

そして――。
本日の時点で消化し終わったものは「コーヒープリンス一号店」。
私はこのドラマについて、美男ですねと同様、「男性の中に男性のフリした女の子が放り込まれる」、「新大久保にカフェがある」程度しか知識はありませんでしたが、楽しんで見ることができました。このお手軽さが韓国ドラマの魅力なんでしょう。

さて、個人的な感想はと言いますと、このドラマには主要カップルが2組いるのですが、その2組の何気ない恋人同士のやりとり(演出のつけかた)がすごく好きでした。2組ともHAPPYなラブラブシーンがたくさんあるのですが、全然嫌味&斜にかまえず(むしろ好感!)、繊細な描かれかたをしていて、仕事終わりに自宅で見ていると、「もう~ほんと、仲いいんだから~」って感じで優しく、あたたかい気持ちになれました。
ここは、調べた結果、監督さんが女性だと知り、大いに納得。

日本人ってシャイだから、なかなかドラマでも恋人同士のイチャコラを毎話、毎回観ることってないのですが、このドラマは惜しみなく・・・でしたね。むしろ気持よかった。この表現スタイルは新しい。

韓国ドラマって、だいたい記憶喪失とか、病気とか出生やらなにかと運命的に暗いトラップ(笑)が多いイメージなんですが、このドラマは終始明るい。それも人気の理由だったのかなと思った1本でした。

しばらくはCSとDVDの並走で夜は韓国語まみれの日々が続きそうです。

余談ですが、韓国ドラマでは「ケンチャナヨ~(大丈夫・心配すんな)」の使用率がものすごく高いですね。何? 韓国って意外と楽天家が多いのか?!