THE BAWDIES NIGHT!

THE BOWDIES1122

インディーズ時代からのご縁で遊びに行って来ました。THE BAWDIES in BUDOKAN.
実はオフィシャルホームページも作らせてもらっております。→THE BAWDIES official website

そんなお付き合いでございます。

今でも、彼らの音を初めて聴いたときの衝撃は忘れられません。

どうしてもこのような仕事をしていると、やはりどこかで音楽そのものを客観的に聴いているところがあり、【楽しい】【カッコイイ】という感覚に説明、理由をつけてしまうのです。たしかに、それら(なんで楽しいと感じるのか、カッコイイと感じるのか)にはちゃんと説明できる理由があるので、当然といえばそうかもしれませんが、“いち音楽ファンとして”という意味あいが、中高生の頃とはずいぶん違ってきています。

そいう環境下の中で、彼らの音楽と出会い、私は1曲でファンになりました。
すぐに取材のオファーをさせていただき、取材させてもらったことがもうずいぶん前のような気がしますが、たかが4,5年くらい前のことなんですよねぇ。月日が流れるのはほんとに早いなぁ。

公演後の楽屋で代表のYさんが言っていました。「次はAXをいっぱいにしよう」「次はZEPPをいっぱいにしよう」ひとつひとつ、全力でやってきました。そして今回は「武道館をいっぱいにしよう」。
私が見た時には、20人くらいのお客さんの前のときもあったので、本当に少しずつ少しずつ確実に武道館まで来たというイメージがあって、だからこそ、このYさんの言葉は染みました。
バンドとYさん。ずっと二人三脚でやってきたお姿を観てきたので、この言葉に込められた思いを公演後にYさんから聞くということに、個人的には思うところがありました……。

今までご縁があっていろいろなバンドさん、ミュージシャンのかたとお仕事させていただいてきましたが、先日といい今回といい、特にお付き合いが深いバンドが大きく、というかたくさんの人から愛される音楽をやっている様子を間近で見られるのは、なんとも言えず感激&嬉しいものです。

THE BAWDIESにとっては、またここから新しいストーリーが始まっていくでしょう。とても楽しみです。
本当におめでとう!