12月, 2011 のアーカイブ

ドラマCDのレコーディング作業

2011年もあとわずかです。
忘年会ラッシュもおちつき、仕事納めまであと数日となりました。
今年の年末は仕事しない方向で考えていたのですが、コミックマーケットというオタクの祭典的なイベント参加が決定したため、31日まで仕事とあいなりました。
ということで、12月29日~30日、東京ビッグサイト企業ブースにてお待ちしております。お時間あるかた、仕事で会場に行かれていらっしゃるかた、ぜひご一報くださいませ!
詳細はこちら→浮雲亭物語オフィシャルサイト

今年もいろいろありましたが、初体験ということで言えば、音楽CDではないレコーディングに立ち会ったことが大きいですね。機材もなにもかも音楽とは違っていて(まず、楽器がない(笑)、アンプもない)、卓も全く違うモノでした。
レコーディング? ではなく“収録”というキーワードだったのも新鮮でした。何度も“レコーディング”って言ってしまって、気まずかったです。クセですね(苦笑)。

余談ですがこの時に使われていた「収録」って単語はもともとテレビ、というか放送業界用語なので、ドラマCDのコンテンツビジネスはアニメ業界から派生した商業なので、業界の慣習も電波に倣っているのでしょうね。いや、あくまでも個人的予測ですが。

この作品を作るにあたり、キャストさんはもちろんですが、スタッフもガチで挑みました。プロ同士でがっぷり四つに組み、雑誌とか広告の手法をたくさん取り入れながら取り組んでいたのですが、正直、この手のファンのかたにその手法が受け入れられるのかの部分は、本当にリリースするまでわかりませんでした。ですので、私たちの中ではとても勉強になりました。中でも今までターゲットとして設定してきた読者層やコンシューマー層とはやはり全く異なるリアクションが得られたことは大きかったです。やはり独特のマーケティング手法があるんですよね。

どの世界にも“プロ”と呼ばれる人たちがいて、その志に触れられるというのは、この仕事をしている醍醐味とも言えるでしょう。
とても印象的だったエピソードとして、キャストのおひとりがおっしゃっていた「自分がしゃべったあとに、この音でくるか? 的な台詞オンチってあるんだよ」。というキーワードは目からウロコでした。
やはり声も、音のひとつ。ピッチ(とは言わないか・・・)も大事な要素なのだなと。いや、こう聞くとあたりまえの要素なのですが、普段意識していない部分ですからね。素人は。またコンテンツの楽しみ方の幅がひとつ増えました。

ということで、いよいよ元旦のリリースを持って、『浮雲亭物語』シリーズも完結です。前述のコミックマーケットで手売もします。よろしく。

※母親に年末CDを手売りすると伝えたら、「そんなに売れてないの?」と心配されました(笑)。
名誉のために言いますが、そんなことはございませんよ。えぇ。

来年度のお話

先日、ボスと自分の部署の来年の事業計画と、スタッフと自分の目標管理設定シートのミィーティング。
毎度、これは緊張します。
比較的、現在お世話になっている会社のボスは、「いいよ。やれば」の見守り系なため、個人的プレッシャーがハンパなくて、新規事業の提案や、業務の方向性を決定する際などはいつも、気合が必要。

正直、ひとつひとつダメ出しされて指摘受けるほうがどんなに楽か。
しかし、いつからかそんな時期はとうの昔に過ぎ、求められるのは結果。
でも、コレ、実はフリーのときとあまり変わりなくて、すべてのお仕事はワンチャンス。
そこでいい仕事をしなければ、次にお声はかからない。

というわけで、来年の方向性が個人的なものから、公のものに変わりました。
あとは遂行するのみです。

【お知らせ】
年末に行われるオタクの祭典(笑)、コミックマーケット81に出展が決まりました。
お時間あるかた(苦笑)、12月29日、30日、31日と、ビッグサイトにあそびにきてくださいませ。
私に逢えます。いよいよ顔出しします(笑)。

THE BAWDIES NIGHT!

THE BOWDIES1122

インディーズ時代からのご縁で遊びに行って来ました。THE BAWDIES in BUDOKAN.
実はオフィシャルホームページも作らせてもらっております。→THE BAWDIES official website

そんなお付き合いでございます。

今でも、彼らの音を初めて聴いたときの衝撃は忘れられません。

どうしてもこのような仕事をしていると、やはりどこかで音楽そのものを客観的に聴いているところがあり、【楽しい】【カッコイイ】という感覚に説明、理由をつけてしまうのです。たしかに、それら(なんで楽しいと感じるのか、カッコイイと感じるのか)にはちゃんと説明できる理由があるので、当然といえばそうかもしれませんが、“いち音楽ファンとして”という意味あいが、中高生の頃とはずいぶん違ってきています。

そいう環境下の中で、彼らの音楽と出会い、私は1曲でファンになりました。
すぐに取材のオファーをさせていただき、取材させてもらったことがもうずいぶん前のような気がしますが、たかが4,5年くらい前のことなんですよねぇ。月日が流れるのはほんとに早いなぁ。

公演後の楽屋で代表のYさんが言っていました。「次はAXをいっぱいにしよう」「次はZEPPをいっぱいにしよう」ひとつひとつ、全力でやってきました。そして今回は「武道館をいっぱいにしよう」。
私が見た時には、20人くらいのお客さんの前のときもあったので、本当に少しずつ少しずつ確実に武道館まで来たというイメージがあって、だからこそ、このYさんの言葉は染みました。
バンドとYさん。ずっと二人三脚でやってきたお姿を観てきたので、この言葉に込められた思いを公演後にYさんから聞くということに、個人的には思うところがありました……。

今までご縁があっていろいろなバンドさん、ミュージシャンのかたとお仕事させていただいてきましたが、先日といい今回といい、特にお付き合いが深いバンドが大きく、というかたくさんの人から愛される音楽をやっている様子を間近で見られるのは、なんとも言えず感激&嬉しいものです。

THE BAWDIESにとっては、またここから新しいストーリーが始まっていくでしょう。とても楽しみです。
本当におめでとう! 

  • Instagram

ページのトップへ