2011 年のアーカイブ

ドラマCDのレコーディング作業

2011年もあとわずかです。
忘年会ラッシュもおちつき、仕事納めまであと数日となりました。
今年の年末は仕事しない方向で考えていたのですが、コミックマーケットというオタクの祭典的なイベント参加が決定したため、31日まで仕事とあいなりました。
ということで、12月29日~30日、東京ビッグサイト企業ブースにてお待ちしております。お時間あるかた、仕事で会場に行かれていらっしゃるかた、ぜひご一報くださいませ!
詳細はこちら→浮雲亭物語オフィシャルサイト

今年もいろいろありましたが、初体験ということで言えば、音楽CDではないレコーディングに立ち会ったことが大きいですね。機材もなにもかも音楽とは違っていて(まず、楽器がない(笑)、アンプもない)、卓も全く違うモノでした。
レコーディング? ではなく“収録”というキーワードだったのも新鮮でした。何度も“レコーディング”って言ってしまって、気まずかったです。クセですね(苦笑)。

余談ですがこの時に使われていた「収録」って単語はもともとテレビ、というか放送業界用語なので、ドラマCDのコンテンツビジネスはアニメ業界から派生した商業なので、業界の慣習も電波に倣っているのでしょうね。いや、あくまでも個人的予測ですが。

この作品を作るにあたり、キャストさんはもちろんですが、スタッフもガチで挑みました。プロ同士でがっぷり四つに組み、雑誌とか広告の手法をたくさん取り入れながら取り組んでいたのですが、正直、この手のファンのかたにその手法が受け入れられるのかの部分は、本当にリリースするまでわかりませんでした。ですので、私たちの中ではとても勉強になりました。中でも今までターゲットとして設定してきた読者層やコンシューマー層とはやはり全く異なるリアクションが得られたことは大きかったです。やはり独特のマーケティング手法があるんですよね。

どの世界にも“プロ”と呼ばれる人たちがいて、その志に触れられるというのは、この仕事をしている醍醐味とも言えるでしょう。
とても印象的だったエピソードとして、キャストのおひとりがおっしゃっていた「自分がしゃべったあとに、この音でくるか? 的な台詞オンチってあるんだよ」。というキーワードは目からウロコでした。
やはり声も、音のひとつ。ピッチ(とは言わないか・・・)も大事な要素なのだなと。いや、こう聞くとあたりまえの要素なのですが、普段意識していない部分ですからね。素人は。またコンテンツの楽しみ方の幅がひとつ増えました。

ということで、いよいよ元旦のリリースを持って、『浮雲亭物語』シリーズも完結です。前述のコミックマーケットで手売もします。よろしく。

※母親に年末CDを手売りすると伝えたら、「そんなに売れてないの?」と心配されました(笑)。
名誉のために言いますが、そんなことはございませんよ。えぇ。

来年度のお話

先日、ボスと自分の部署の来年の事業計画と、スタッフと自分の目標管理設定シートのミィーティング。
毎度、これは緊張します。
比較的、現在お世話になっている会社のボスは、「いいよ。やれば」の見守り系なため、個人的プレッシャーがハンパなくて、新規事業の提案や、業務の方向性を決定する際などはいつも、気合が必要。

正直、ひとつひとつダメ出しされて指摘受けるほうがどんなに楽か。
しかし、いつからかそんな時期はとうの昔に過ぎ、求められるのは結果。
でも、コレ、実はフリーのときとあまり変わりなくて、すべてのお仕事はワンチャンス。
そこでいい仕事をしなければ、次にお声はかからない。

というわけで、来年の方向性が個人的なものから、公のものに変わりました。
あとは遂行するのみです。

【お知らせ】
年末に行われるオタクの祭典(笑)、コミックマーケット81に出展が決まりました。
お時間あるかた(苦笑)、12月29日、30日、31日と、ビッグサイトにあそびにきてくださいませ。
私に逢えます。いよいよ顔出しします(笑)。

THE BAWDIES NIGHT!

THE BOWDIES1122

インディーズ時代からのご縁で遊びに行って来ました。THE BAWDIES in BUDOKAN.
実はオフィシャルホームページも作らせてもらっております。→THE BAWDIES official website

そんなお付き合いでございます。

今でも、彼らの音を初めて聴いたときの衝撃は忘れられません。

どうしてもこのような仕事をしていると、やはりどこかで音楽そのものを客観的に聴いているところがあり、【楽しい】【カッコイイ】という感覚に説明、理由をつけてしまうのです。たしかに、それら(なんで楽しいと感じるのか、カッコイイと感じるのか)にはちゃんと説明できる理由があるので、当然といえばそうかもしれませんが、“いち音楽ファンとして”という意味あいが、中高生の頃とはずいぶん違ってきています。

そいう環境下の中で、彼らの音楽と出会い、私は1曲でファンになりました。
すぐに取材のオファーをさせていただき、取材させてもらったことがもうずいぶん前のような気がしますが、たかが4,5年くらい前のことなんですよねぇ。月日が流れるのはほんとに早いなぁ。

公演後の楽屋で代表のYさんが言っていました。「次はAXをいっぱいにしよう」「次はZEPPをいっぱいにしよう」ひとつひとつ、全力でやってきました。そして今回は「武道館をいっぱいにしよう」。
私が見た時には、20人くらいのお客さんの前のときもあったので、本当に少しずつ少しずつ確実に武道館まで来たというイメージがあって、だからこそ、このYさんの言葉は染みました。
バンドとYさん。ずっと二人三脚でやってきたお姿を観てきたので、この言葉に込められた思いを公演後にYさんから聞くということに、個人的には思うところがありました……。

今までご縁があっていろいろなバンドさん、ミュージシャンのかたとお仕事させていただいてきましたが、先日といい今回といい、特にお付き合いが深いバンドが大きく、というかたくさんの人から愛される音楽をやっている様子を間近で見られるのは、なんとも言えず感激&嬉しいものです。

THE BAWDIESにとっては、またここから新しいストーリーが始まっていくでしょう。とても楽しみです。
本当におめでとう! 

時代は確実に

11月は、某知りあいのバンドが2組も、“初”武道館公演を行います。
個人的な感想でもうしわけございませんが、感慨深いものです。

そのうち、1組が先日公演を行ったので、お邪魔させていただきました。
板の上に登場してきた彼らたちを観て、正直感動すら覚えました。もうこの辺が歳です(笑)。
バンド自身が、2時間という長尺のライブを経験したことがないというにも関わらず、この公演をやりきったところに、ハートの強さがうかがい知れます。今っぽいね。

アクトは会場全員をHAPPYにする、まさに「FANTASY NIGHT」でした。
とても素晴らしかったです。
演出も非常に“今”を感じられるもので、確実に音楽の世界も次世代へのバトンが渡されているんだと実感した次第。
私のまわりにいらっしゃったファンのかたたちから、彼らが登場した瞬間から「やべぇ」とか「超ー緊張する」という声が漏れ聞こえ、全公演が終了したあとは、「すごいカッコよかった」「感動した」など、本当に感嘆の声しか聞こえてきませんでした。

この武道館ライブは満員御礼、立ち見まで出るほどの人気公演だったようで、あの日、あの会場にいたほとんどのかたが、幸せで満ち足りた気分のまま、会場を後にしたことでしょう。なにより、私自身がその空気があの場にあったことを体感しました。

音楽にしろ映画にしろ、文章にしろ、たくさんの人を感動させることができる何かをできる、成し得ることは、本当に素晴らしく尊いものですな。

クリスマスがやってきた、ヤァ!ヤァ!ヤァ!

街のイルミがすっかりクリスマスモード。
各コスメブランドでは、クリスマスコフレが並び、キラキラでございます。
楽しい季節ですわ。

そんな中、ちょいと気の利いたおもたせが必要になったので、なんとリニューアルした三越B2に初めて行きました!
をーー。テンションあがります。
このフロアもクリスマスモード。おもたせを買いに行ったにも関わらず、なぜか関係ないショコラとかクッキーとか・・・。
すべて「デセール・テ」のせいです。リニューアルしてから更に取り扱い紅茶ブランドが増えていて(セントクリストファーとか)、軽く小躍りしました。モチ、「ロイヤルブルーティー」もありました。※某サミットで有名なアレ。

ということで、マリアージュやらヒギンスやらと、いつものブランドのほかに、友人たちにも! と、調子に乗って買いすぎました。嗚呼、クリスマスの百貨店はやっぱりコワイ……。

そして、久しぶりにYさんと秘密会合を。
仕事のことやらなにやら。カウントダウンがらみの話題が出て、本当に今年ももうすぐ終わるのだなぁと、道すがら恐怖におののきました。コワイ。本当にコワイ。

ま、その前にクリスマスを楽しまねば!

追記:
そうそう。前回のエントリでちょっとニュアンスが異なっている表現があったので、訂正。
徒弟制度。
会社の場合、上司は選べない。自分自身に選択肢はないですが、師匠となる場合は、自分で選んでいる。でもだからこそ、そこに一切の言いわけは通用しない。という理屈がありましたね。

この気持はプライスレス

江ノ島サンセット

江ノ島サンセット

打ち合わせがリスケになったので、急遽友人を誘って(無理やりとも言う)、江ノ島へぶらり。
予定も何もない中でも、こんなステキな夕景と出会いました。
この美しさ、まさにプライスレス。

やっと体調も戻り、本調子です。

「Macは道具なんだ」

10月5日、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなってしまいました。
彼については、もう言わずもがな。
彼が作った“Macintosh”というコンピューターは、私たちの業界の人たちに愛されている率が高いと感じます。かくいう私はWindows遣い。これはまた後で。

初めてMacに触れたのは、専門学生時代のDTPの授業で。
(見たのは、それよりも少し前で、知り合いがMacを買うということで、秋葉原に一緒に行ったときに初めて触りました)
当時は珍しく、バカ高かったMacが40台以上(もっとあったかな?)もあって(確かLC450あたりの機種だったと記憶している)、フォトショップやカラーマジシャンのアプリケーションの講義があったのですが、私は本当にまったく食指がうごかなくて、真面目に授業受けていませんでした。
現場ではまだレイアウト用紙でデザイン入稿が主流で、写真は紙やきかポジ、カラー修正も印刷所にフォトショップがあり、画像修正(レスポンスなど)が一箇所10万くらいしていた時代。

そんなとき、とある先輩が「コンピューターはあくまでも道具。今まで3時間かかっていたことを1時間でやれるだけ。考えるのは、結局自分の頭。Macが使える=デザインができる ってことじゃない」
と言いました。その先輩はかなりのMac使いで校内では1,2位を争うほどのグラフィッカーだったのですが、今でもその言葉がものすごく印象に残っています。※その先輩、ちなみに今は某有名グラフィック事務所の社長です。

私がWin遣いなのは、通信教育時代に食べていくために覚えたのがきっかけ。どうしてもMOTを取得したかったからで、おかげで以降はずっとWin派。

先輩のあの発言を聞いてから約20年経ち、私たちの現場もすっかりデジタル化されましたね。
写真は銀塩からデジタルになり、レイアウト用紙は姿を消し、反射原稿のみ先入稿という形式もなくなり、DTPが主流になりました。当時一箇所10万もしていた、肌のニキビ消しも、自分たちでできるようになりました。

でも、そうなった今だからこそ、私も、あのとき先輩が言っていたように、「コンピューターは道具にすぎない」ということを、ことさら強く感じていますね。使う人次第。ま、この話はまた別の機会に・・・。

しかし、“誰にでも簡単に使える”

そういうコンピューターを作ったのがApple社でしょう。
Apple社は本当に特定の人たちの生活の中になくてはならないといわせるほどのデバイスをいくつも産み出してきました。
個人的には、iMac登場のときが一番ワクワクしましたけど。

たくさんの人に愛されるモノを作れる人。それがスティーブ・ジョブズ氏でした。
亡くなったことはとても残念で、もう彼の製品発表会が見れないのか、と寂しい気持ちになりますが、これもまた歴史のひとつ。

たくさんの人が彼が残したものを使い、これからも私たちの生活がステキに豊かになる新しいものを産み出していくことを願ってやみません。もちろん、私達にもその責任のちょっとはのしかかっています。

ご冥福をお祈りします。

ナンコーさんよぉ~

古きよき……
なんて言葉に縛られて仕事をする気はサラサラないのですが、マインドの部分ではやはり昭和のかほりを漂わせている私です。
昭和のかほり、といいますか、やはり初めての職場の影響は大きいですね。
いいも悪いも。

私たちの時代の編集部は、新人は写真(デジタルでなくフィルムだったので、ポジ、紙焼き)整理から始まり、やはりおつかい。なんといってもコレにつきます。
今と違って電子メールがなかった時代なので、基本通信はアナログ。
人力です。
写真はもちろんラボに取りに行くし、イラストもイラストレーターさん宅へ行くし、、版下だって取りに行く、そして印刷所にだって出張校正に行く(あ、これは今もか?)そういえば、番組写真の類は数えきれないほど各テレビ局へ借りにいったものです(だいたい新人は最初読者ページとか、テレビ情報ページの担当になることが多いので)。

しかし、このおつかいのおかげで、都内の電車、地理にはめっぽう詳しくなり、独り立ちして仕事をするころには不便を感じないまでになっているのです。そのときに思うんですよね。
「あのおつかい“も”無駄じゃなかったんだな」って。

あれからもう十ウン年も経ちましたが、今でも初めて入った編集部のことと、初めて自分の名前が載った雑誌、自分の記事を面白いといってくれたアンケートハガキは、心にしっかりと刻まれています。

なんてことをふとしたきっかけで思い出し、急に「池中玄太80キロ」が観たくなって、BOXを衝動買いしました(笑)。これも新聞社が舞台の話し。主人公と編集長とのやりとりがまたいいんだ。思い切り泣こうと思っています(笑)。

炎天下ロケに御用心

連日の猛暑で、熱中症やらなにやらでの事故の報道が止まりませんね。
皆様、本当に長時間の外出には、必ず水分や日傘、帽子など熱中症対策を講じてくださいませ。

かく言う私も、先日4日間の炎天下ロケを敢行しまして、ヘロヘロになりました。
場所はゴルフ場だったのですが、朝から晩までカメラマンさんと2人、ずっとコースに出っぱなし。万全な日焼け、虫対策をしておりましたが、虫は大丈夫だったのですが、やはり・・・
焼けました(泣)。この後が怖いです・・・。

また、12日はコミックマーケットへ出向き、13日はTUBEさんのライブに制作スタッフ一同でお邪魔してきました。

日焼け、肌にビタミンCがいいのは周知ですが、朝よりも夜摂取するほうが効果的だ(というかシミになりにくい)そうですよ。以前取材の際、美容研究家の先生がおっしゃっておりました。それ以来、私は夜にビタミンC系のサプリやゼリードリンクを摂取するようにしています。

言葉仕事の奥深さよ

昨年の春頃、TUBEさんの25周年記念パンフの作成をしており、そのDVD制作のために年末あたりから、ナレーターのかたをいろいろ探しておりました。
そこから早1年--。
まさか自分がドラマCDの制作をするなんて夢にも思っておりませんでしたよ(笑)。

現在、そのCDのレコーディング祭り中。>『浮雲亭物語』
TUBEさんのDVD制作の際も思ったのですが(2010年4月18日)、本当に声を使うことを生業とされているかたってスゴイですね。そのプロ魂たるや。です。
声のお仕事をされてらっしゃるかたが注力される美しい日本語、表現。私たちは“書く”、表記のほう。比べるのも恐れ多いですし、はなはだしいですが、勝手に日本語に対する思いには相通じるところがあると思っており、そこに勝手にシンパを感じていたりします。ほんとすみません。

現場でみなさんの仕事を目の当たりにしていると、機会があれば、声や言葉のお仕事を生業とされているかたに、2万字的なパーソナルインタビューをしてみたいなぁなんて思ってきちゃいました。編集者として、ガッツリお話を聞いてみたいなぁと思うことしきりです。

しかし、どんな仕事でもストイックさは必要ですし、そんなかたほど素晴らしい技術としなやかな意思をお持ちだったりしますね。これは個人的な統計学ですが。

声仕事と一言でいっても本当にいろいろあって面白い&奥深いため、日々勉強させていただいております。がんばろ。もちろん制作は順調です!

  • ヨッ写

  • bookmark

ページのトップへ