12月, 2010 のアーカイブ

今年も終わりです

気がついたら今年も後、1日を残すのみとなりました。
キワキワまでバタバタとデータの入稿作業や確認作業があり、正直ガッツリお休みというわけには……トホホ。

今年は新しくチャンレジしたことも多く、それがよくもあり、悪くもあり。
収穫が来年以降になるものも多く、今年はその準備期間ともいえますが、結果がすぐに現われないのは不安になるなぁ、などと。
年の後半は、仕事の手ごたえが少なかった気がします。うむ。
これは来年解消したいですな。

今年は2月に出版された、hideさんのオフィシャル本「Pinky Promise」の制作をさせていただき、マルイのイベントにもお邪魔し(あ、現在もマルイでレモネードショップやってます!)、春にはTUBEさんのパンフレット、DVDのお仕事、その後は某ヘッドセットメーカーのパンフレット、某画材やさんのweb、ポスター撮影、ライター仕事・・・。などなど。たくさんのお仕事をさせていただき、たくさんのステキな人に出会いました。
みなさま、本当にありがとうございました。

毎年言っておりますが、、私にとってみなさん(または名刺など)は宝物です。来年もまたステキなかたたちと出会い、楽しく仕事をしていけたらな、なんて思ってます。

今年も大変お世話になりました&お世話しました(笑)。
(Yさん、最後に少しでも会えて嬉しかったです!)
来年も何卒よろしくお願いいたします!

みなさん、よいお年を!!

My 1st 三国志

某仕事のキャスティングのため、またいろいろナレーターさんのことを勉強中。
写真やデザイン、イラストと同じでその企画に一番マッチするのはどのテイストか。を考え、探している時間(ブッキング)がやっぱり楽しい。

言えないのがもどかしいですが、ポスターのお仕事も進行中。これは撮影のディレクションだけなのですが、カッコイイ写真のために。年明けにはお伝えできるかと思いますので、お楽しみに。

冒頭のナレーターさん仕事の最中、それがらみで三国志関係のゲームをプレイしました。
私にとっての1st三国志は中学時代にクラスの男子から借りたシミュレーションゲームでした。漢字ばかりの武将の名前はもちろん、地名、方角などあまりにも情報量が多いことに加え、複雑にからみあう人間関係、そしてなにより自分の知識のなさのせいで、はじめは全然楽しくなかったんです。でもクリアのためには覚えるしかないわけで、スーパーのチラシの裏に武将の名前や地名、事柄を書きながら(小学生時代にも同じことをドラクエでもやりました)遊んだことが思い出されます。
それからしばらくして、人形劇で三国志を知ることになり、横山、吉川と続いていきます。そしてひととおり進むと、やはり「水滸伝」に行くという、中国の歴史好きの人の教科書があるとするならば、その1ページ目に書いてあるような典型的なハマりかたをしていき、現在に至ります。
中国で三国志のような戦が繰り広げられていた時代、日本はまだ卑弥呼の時代です。そう考えると、中国の文明発達のスピードが尋常ではなかったことがうかがい知れるわけですが、どこぞで失速してしまったんでしょうね。あのまま中国がそのスピードを保っていたら日本はどうなっていたんでしょうか。そんなことを考えるのも楽しかったり。。。

どんなビジネス書より自己啓発本より、私は仕事のうえで、「水滸伝」と「三国志」から学んだことは多いかもしれません。
愚者は賢者に学び、賢者は歴史から学ぶという言葉がありますが、人間の思考・心理は昔も今も驚くほど変わっていないことを痛感するのも歴史からだったりします。
まだまだ勉強することが多く、日々精進ですな。

新しい出会いをくれた店員さん

野暮用を済ませるために、伊勢丹新宿店へ。
ひととおりの用事を済ませ、自分の買い物のためにフレグランスコーナーへGO。今回は欲しいブランドも決まっていたので、とりたてて冒険する予定もなくすぐに買い物は終わるはずでしたが、とても素晴らしい店員さんと出会いまして……。私にとって、数年ぶりとなるスタメン決定となる1本を購入させていただきました。

もともと買おうと思っていた商品の話から、普段どんな香りが好きかという話題になり(個人的に甘い系は苦手で、メンズ系が多いのですが)、だったらこちらの香りもきっとお好きだと思いますよ。と、別のフレグランスを教えていただきました。どんなかなぁと、テスターさせてもらったら、ひとめボレ? ひと嗅ぎボレ!!

私にとっての香りは、自己主張というか意思というか……。オシャレ的な要素より私、そのものだと思っているので、香りはモチロンですが、ブランドのスピリットとか歴史などに共感していることが大前提です(「プラダを着た悪魔」じゃないですが、お洋服やバッグなどにも言えますね)。
今回教えていただいたブランド、私は未見だったのですが、接客してくださった店員さんがブランドの歴史などはもちろん、商品知識も高くて、成分やTOP、MIDDLE、LAST の変化についてもかなり詳しく説明してくださり個人的に大満足。プロの仕事だなぁと惚れました。一番シビれた瞬間は、調香師さんの顔を知っていたとき。素晴らしいなぁ。

ということで、実名出させていただきます。
新宿伊勢丹のフレグランスコーナーにいらっしゃる鈴木さん(女性)。
本当にステキなお仕事拝見させていただきました。鈴木さんのおかげで私は勝負? 戦闘ノートを手に入れることができ、また明日からの仕事が頑張れます。 また、買い物は物を買うだけではなく上質のサービスにもお金を払っていますから、この買い物は私にとっては金額以上の価値があるものでした。
今自分が使っている商品をいくつか伝えると、好みの香りが出てくる。
これもひとつのソーシャルと言えそうです。
本当にありがとうございました。この香りに負けないような人生をしょっていきたいと思います。

さぁって、2010年もあと少し、頑張るぞー!
仕事もそうですが、大掃除もやらなくちゃ。

  • Instagram

ページのトップへ