マイケルドキュメント

とっても人気があるらしい「THIS IS IT」。

私も公開直後見ましたが、マイケル・ジャクソンドキュメントとしてはすばらしいと思います。
私の中では、情熱大陸、ハイパーバージョンといった感じでしょうか。脚本があるソレとは違う趣です。

私は、このドキュメントがどうのというより、あぁ、これがDVDになったのにな・・・と思うとやっぱりショーを見たかったと思わずにはいられないんです。
もちろんその過程(「THIS IS IT」)もすごく見たいけど、表があって裏があるというか、表がないまま裏見せられてもなーっでして……。ますますライブへの思いが募ってしまうなと。

好きなライターさんが書いてましたが、このライブを成功させたら、間違いなくそれまでのマイケルの奇行とか風評は払拭されただろうと思います。マイケルって疑心暗鬼になってて、ここ数年昔からのスタッフを全員排除してたそうで、正直、ロンドン公演できるのか? と思われていたそうですよ。だからここまで出来上がっていたことに驚いたと。>雑誌のレビューより

先日のレビューでも書かせていただきましたが、オリアンティ・パナガリスが最高にカッコイイんで、よろしくねと。
この子、ヴァイの前座やった子なのです。最近タリちゃんといい、女子のプレイヤーが(しかも若い!)かっこよくてうれしいかぎり。
余談ですが、彼女、サンタナ観て高校中退してプロ目指したという経歴の持ち主。

私が、「THIS IS IT」から感じたことは、マイケル本人はあたりまえですが、ダンサーもミュージシャンも、そしてステージに関わるスタッフ全員がプロであること、そして強く思えば願いは叶うんだということ。
私はどうしても、そういう目でしか見れなくて……。寂しい性格でごめんなさい。

観れば観るほど、叶わない「THIS IS IT」ライブが観たくなるだけ。ちょっとでも観れたってことで喜ぶべきなんだけど、単純にそれだけともいえない、複雑な私なのでした……。