10月, 2009 のアーカイブ

ヤバイ!

サンダーバード3のプレスリリース後に、「パイレーツ・ロック」を観て来ました。

新作をまったかいがあったというもんです。やっぱりさすがワーキングタイトル、リチャード・カーティス!!
うまく説明できないのですが、すべてが最高のバランスでして。音楽はモッチロン、タコ船長、いやいやビル・ナイに、「パイレーツ・~」と掛けたセリフを言わせたり、リチャード独特の洒脱なUK独特のジョークも粋だし、いろいろな伏線もきっちり回収されている。でも映画的な余韻もちゃんと残してあるし、なによりキャスティングが今回も本当にすばらしくて。スパイク、いやリス・エヴァンスがロクデナシの人気DJを好演、そして主人公的なカールを演じた、トム・スターリッジが本当にかわいかったなぁ。すっかりファンです。

はい。ということで、ワーキング好きな私としては、本当に最高に楽しかった1本です。
というか、個人的2009年1番かも。私もあと数回は劇場に行くつもりです。

#エンディングの作りかたが格好良すぎですー。
##お約束でサントラは買いですよ♪

もうやってらんねぇよ!! ってか

最近秋葉原率が高く、時間があればヨドやユウリンで遊んでいるのですが、アキバのユウリンは面白いですねぇ。
新宿や渋谷の大型書店とはまったく異なるラインアップで、かなりワクワクします。しかもフロアも広くて見やすい!
レコード屋もそうですが、本屋も担当のセンスが出るんですよね。やはり、好きこそものの上手なれ。です。

来月から関わる仕事で本格的に私的レボリューション2009計画へ足を踏み入れそう。
この仕事をきっかけに本格的にマーケを学べたらいいなぁと。
編集者もそれなりにリサーチ能力・スキルは持ち合わせていると思うんですが、もっとブラシュアップしたいというか、具体論を学びたいです。仕事哲学みたいなものは、正直もううんざり。
こういうのってカレーとか味噌汁とかと一緒で、結局家庭の味にたどりつく的な、そんなもんですわ。
仕事は信念でええのよ。ハイ。

そういえば、昔、とある制作会社に、「あなたたちが作ったらいいものができるからイヤだ」と言われ、コンペで落とされたことがあります。理由をきいたら、クライアント様よりこう言われたそうです。笑い話のような本当の話です。
こういう事実の前では、えらい人が書いていることなんて、まったく役に立たないので、気力で乗り切るしかない体育会系の私です(笑)。

「カイジ」を観た

先日、「カイジ」を劇場にて鑑賞。読んでいた漫画でしたが、藤原くんがカイジ役ということで、どうかなーと期待に胸ふくらませつつ……。

カイジ 公式サイト

監督さんが佐藤東弥さん(テレビの人、日テレ系)だったので、正直、深みとか映画でこその行間などは期待しておらず(佐藤さんが出来ないという、悪い意味ではなくて)、カイジをどこまでエンターテインメントしてくれるのかな、という期待のほうが大きかったのですが、面白かった!

以下、若干ネタバレ気味になりそうなので、たたみます。

やっぱり単独公演よね~♪@CRIBS

武道館の興奮も冷めやらぬうちにー、赤坂ですよー♪@クリブス

いやーー。カッコイイ。最高!
やっぱり武道館ではなんらかの機材トラブルがあったのだと思われ。
本日、人生2度目のジョニー・マーは、若っっ!(笑)&ご機嫌でジャカジャカ弾いておりましたよーー。
彼はステージングが独特で絶妙。彼を見てギターカッコイイーって思う男子は多いんじゃないかな?
いや、ダメだって人も多いかとは思いますが……。アリかナシかでしたら、私は全然アリ! なので。

しっかし、ジョニー・マーは上手だなぁ。味がある。うむ。ずっと観ていると、異次元に行きそうなほど雰囲気のある音出してましたよ。ま、クリブスは、誰かが言ってたけど、“ヘタウマ”、要はルーズなタイトさが醍醐味ってバンドなので、あまり性急に上手になってほしくないなってことで。
総括的に観て、武道館よりも本日のほうが、全然よかったです。。。よね?(苦笑)

あー、久しぶりにザ・スミスが聞きたいーー。結局そうなるのです(笑)。

とある音楽ファンのblog(実は私とそのかたは、かなりライブ会場ですれ違っているのです。blogのエントリシンクロ率が異様に高いのです。。。)を日参しているのですが、そのかたが、いつぞやのエントリで世界で一番好きなギタリストが、ジョニー・マーだと書いていました。それ以来、スミスを聞くと、そのblogのかたを思い浮かべてしまう私がいます。あは。なんか不思議なのです。

【備忘録】
My English Organizer、石井ゆかりさん、ジャズマスター

最近観たもの

SALT&SUGAR@ビルボード
アクモン@武道館

アクモンの前座はクリブス。もともとプレイスキルはまったく期待していないバンドだったので、全然いいのですが、人生初、ジョニー・マーが機嫌悪かった(笑)。アンプ蹴りまくり。
プレイの未熟さなのか、システムトラブルなのか……。うむ。
でも、荒くてごろんとしたロックだったなぁ。やっぱり生のほうが全然よかった。“生”を感じました。
アクモンは、サマソニで観たばかりなのですが、いいライブでした。インテリっぽいセットかなと思ったのですが、そうでもなかったなぁ。

順序は逆ですが、土曜日はソルシュガ。こちらは何年ぶり? 前はサンプラザだったはずなので、かなり前。
極上の音にずっぼりうずもれてきました。しかしビルボードは席によって本当に音のバラつきがあるなぁ。
新曲中心かと思ったのですが、懐かしい曲もちらほらと。ステキな夜でした。

靴ずれ

本日、おNEWの靴をはきましたら、完全に靴ずれ起こしまして。しかも私の人生の中で、間違いなく、史上最悪の靴ずれです。すっごい痛いです。
お風呂が痛くて、涙、涙です。こまったもんです。

さまざまな問題が山積中。
確実に確実に。

磨耗しながら研ぎ澄まされていくことはあるのか

最近ちょこちょこ営業活動もしているのですが、先日新しい出会いがあり、ありがたいことにお仕事させていただいております。新しいネタへのチャレンジは労力もかかりますが、期待度のほうが高いです。
共通言語を持つまでには少々時間が必要ですが、これは想定内。

来年の案件がそろそろ進みそう。
早く企画をまとめなくては、といいつつ、煮詰まる。

ネガティブな意味ではなく、最近「編集」ってなんだろうってことを、原点に戻って考えています。
「編んで集めるんだよ」by編集王 って感じなんですが、もやもやしっぱなしです。
ルイ・ヴィトンが村上さんとコラボした際のあのパンダですが(マルチカラーはすばらしいと感じています)、あのパンダを製品にプリントすることがなぜとおったのか、そして実際ブランドファンからの評価はどうだったのか、売れたのかリアルに知りたい今日このごろ。正直、私はマーケとかコンセプトの概念からブランドにとってマイナスだったんじゃないかと思うほどだったので。うーん、げいじゅつってムヅカシイ。
でも、あのパンダ単体だとかわいいんだけど。

ロケ&豪雨

本日ロケ。どんより曇り空のお天気でしたが、撮影のタイミングだけは晴れ間が。ありがたいです。
そして、帰途につき最寄り駅に着くと、雷雨&豪雨(笑)。
なんだかなぁ……。
話し声やアナウンスも聞こえないほどの雨音でした。
昔から雨は嫌いです。理由その1。傘を差すのが面倒くさい。以上。

—-
去年、ストウブ鍋の存在を知り、そこからダッチオーブンの存在を知り、すっかりその魅力にハマっております。
レシピ本も買い(田中ケンさんの)、キャンプもやらないくせに(苦笑)、思いを馳せております。
ストウブ鍋料理は打ち合わせ帰りの定番、「bois bois」@汐留 をはじめ、最近では結構あるみたいなので、レシピ研究に開拓しなくちゃなーと思う次第。

ま、そんなこんなのダッチオーブンですが、この際、自分で買ってみるか、と思うも、インドア派の私はかなり勇気がいる行為。作ってみたい料理は山ほどあるのに、それを試す場所がないというジレンマ。

私のまわりではアウトドアが好きな人が多く、話はよく聞くのですが、私は頑張って泉郷です(苦笑)。
基本的に野宿的なテント泊はNGだし、田舎者のせいか、自然のありがたみをあまり感じていないという・・・。
と、アホみたいなこと言っておりましたら、若洲なら日帰りできるし料理だけ作れるじゃん? というナイスアイデアが。なんと! これはダッチオーブンをつかってみるチャンス!
これからの季節、きっとダッチオーブン料理はおいしいハズ。俄然テンションあがってきた私です。

実現したら、ぜひレポートしたいと思います。いやいや、youtubeで動画公開したいと思います(爆)。

ブルース祭りだいっ!

本日ブルノ詣で。
今夜は、LARRY CARLTON with ROBBEN FORD。2006年ぶりっす・・・。

名古屋ではやっていた、あの曲・・・今夜はなかったです……。
でも、大満足の内容。
すっかり大人のスーパーギタリスト2人。最高にグルーヴィーでクールなプレイは、何度聴いても、ヤラれてしまいます。ブルース好きには、たまらない競演。あれやこれやとインプロの応酬もすごいんですが、それをいとも簡単にサラっと弾いている2人の指はいったいどーなっているんでしょうか。左手さわりたいなぁ・・・←変態的

そしてやっぱり私は、カールトンはルカサーじゃなくて、ロベンとやっているときのほうが好き☆ 
前に見たときも同じこと言ってますね。私。ボキャが少なくてすみません。(過去エントリコチラ

ってことで、今宵も・・・カールトンの勝利、だと感じます。
今回2人のことは初見の友人を誘い鑑賞したのですが、やっぱりカールトンの魅力にヤラれてしまった様子。
こういうのは誘い冥利(?)に尽きます。

きっかけはなんであれ、やっぱりこの2人の生のプレイは、インスト、エレキ食わず嫌いの人にこそ、見てほしいライブ。音楽理論的には凝っているけれど、でも聴きやすいのがカールトンの楽曲の特徴だと私は感じているので、インストビギナーにも入りやすいかと。東京は14日まで。ぜひ♪

動画がブルノで見れました。うーーん、すてきーー。
※なんかロベン、年々格好良くなってない? ズルイなー。ホント(笑)。
http://www.bluenote.co.jp/jp/movie/larry_carlton/

超ーー有名なRoom335 リー・リトナーと。

秋のJIN

久しぶりにテレビネタでも。

今クール。見ようと決めているのは
「JIN」「不毛地帯」「東京DOGS」「ライアーゲーム」「サムライハイスクール」「チャレンジド」

1回目見てその後を決めようとしているのが、
「アンタッチャブル」「ROMES」「傍聴マニア」

って感じでしょうか。
とりあえず、「JIN」の録画を先ほど見終わりましたが、かなり面白いです。もともと漫画が面白いから、どうかなと思っていましたが、さすがノリにノっている石丸さんだなと。かなりいいテンポ感で久しぶりに“おもしれーー”って感じで一気に見終わりました。
筋は王道のタイムスリップですが、現代の設定のまま過去に行き歴史上の人物と会っていく様はやっぱりイイ。
歴史モノ好きな人は賛否両論だと思いますが、この手の設定って歴史モノ好きなら、一度は妄想しているハズ。古地図とかみながら鬼平と必殺の主水が、ここら辺ですれ違ったりして……とかね。
それの現代版という感じでしょうか。

ほかはぼちぼち片付けていきます。「ギネ」も気になっていますが、本気の医療系はドラマではなくてドキュメントで見たいです。

【備忘録】
寄藤文平展@勝どき

  • Instagram

ページのトップへ