9月, 2009 のアーカイブ

晴れオトコ!

現在とある著名人の制作物に関わっているのですが、いやまぁ、そのかた“晴れおとこ”でして。
先日を持って、大きな撮影は終了したのですが、なんとロケはすべて晴れ! でございます。パーフェクト。
こんなことって珍しいです。1日曇りとかあっていいのが普通ですし、スケジュールの都合上、天気予報を見て段取りは組めないため、奇跡としかいいようがありません。本当にご本人パワーです。
おかげで、とてもいい写真がたくさん撮れています。私も楽しみです♪
関係者の皆様、あとは制作の出番です。が、がんばります。ウッス。

一旦は復活したように思えた風邪の波(笑)が、また襲ってきた様子。
ノドがかなりイガイガして痛いっす。ビタミンCパワーで乗り越えたいと思います。
そして毎回「あ、これでタバコ辞められるー」と思うのですが、ダメなんですよね……。
意思弱すぎです。

連休に読んだものなど

予告どおり連休は2日間は仕事、あとは自分のために。

そんな中、かなり自分好みの空気感を持っている1冊に出会いました。
「流れ星が消えないうちに」/橋本 紡
私、橋本さんは初読でしたが、この作品にある静かで穏やかな時間の流れ、(ナイーブ?な)人間関係はかなり好みでした。まさに上質な映画を1本観終わったような感覚。それは文章表現が繊細な作家さんという意味ではなくて、チョイスされているエピソードとか感情がかなり私のツボでした。この時期に読めてよかったな。
少女漫画、銀色夏生さんのような世界観だと言う人もいるかと思いますが(ちなみに私は銀色さんは苦手です)、確かにそんな側面もあるかと。しかし私からしたらこの物語は読む人によってかなり感じ方が違ってくると感じていますので、リアリストなんだけどロマンチストな人(爆)はストライクかと。
久しぶりに読了後にかなりの清涼感。好きな登場人物(加地くん)がヘッセや宮沢賢治が好きだっていうのも好みでした。

あとは、「弁護側の証人」/小泉喜美子
これは表現方法の勝利のトリック小説です。後は見てのお楽しみです。こちらはかなり斬新な読了感を味わえるかと。

あとは森見さんの「宵山万華鏡」。相変わらずの森見節。過去の森見作品読破者ならオモシロさ倍増。

今、無性に植草(甚一)さん関係の本を集めたくなっています。探しに行ったら紀伊国屋で平積みされていて、数年前の世田谷文学館でも思いましたが、改めてその偉大さに敬礼。インテリ評論家じゃなくて、本当にたくさん音楽を聴いていたり、見ていたりしている人がカルチャーを牽引していってほしい。というか、そうあるべきなんだよな……。

なんか気温がおかしなことになってますね。体がついていかない気が……。
連休も終了です。明日からまた新しい1日!

アイオライト

北海道転勤になった友人と、半年振りに再会。
そういえば、彼女が北海道に行く前もここで飲んだっけ? なんて思いながら。
大いに笑った夜です。

以前仕事で「アイオライト」という単語を調べたところ、“人生の羅針盤”という意味を持つパワーストーンだったことがありました。なんかいい単語だなぁと思い、心のメモ帳にそっと書き留めたのですが、なかなか使う機会に恵まれておらず……(笑)。
しかし彼女と話していたら、この「アイオライト」が急に浮かんできたのです。
私の直感なんてアテになりませんが、これがいい感覚なのか、ダメな感覚なのか。
今が私の正念場。心穏やかにすべてのことを受け入れて前にすすんでいきたいなぁ。

連休も後半ですか。まったくそんな感覚ありませんー。

初体験できるかも? The Cribs

いっつもフジロックばかりで、専らPCの動画サイトで見ていたThe Cribs。初の単独になんとかスケジュールがつきそう。最新のアルバムもよかったし、楽しみだな。ジョニー・マーおがんでこようっと。

【備忘録】
ロケ班で遠出。すごく素敵な公園をみつけました。っていっても有名なんですけど……。
どこかで見たことあるなーって思ってたら、「がまの油」のロケ地だったと思われます。
はぁースッキリ。それにしても、この公園の夕暮れは反則ですね。

「Men’s Needs」

孤高の仕事ウーマン、アナ・ウィンター

「プラダを着た悪魔」のモデルになったといわれている、VOGUE編集長、アナ・ウィンターですが、またまた映画に・・・。11月に公開される「The September Issue」、邦題は「ファッションが教えてくれること」
アメリカン・ヴォーグ編集部が、史上最大にぶ厚い「9月号」を発行するまでの過程を描いたドキュメンタリー映画。(資料引用)

完全に、「働きマン」ムービーです。同業者だと、その仕事環境、進めかたにかなり度肝を抜かれますが(台割の部分とか)、でも本来、こういう作りかたが読者にとってはいいのかもなぁとも感じました。
決められた枠の中で、予定調和を展開するよりも、予算とか仁義とか一切無視して、ただひたすら「素敵なもの」「売れるもの」だけを掲載する。そう。ページを作ってから、スタメンを決める方式。監督はモチロン、アナ。まっとうな考えかたです。

映画のほうといえば、雑誌作りの過程でビジネス気質のアナとアーティスト気質のグレイスの意見が当然ぶつかるわけなんですが、そこがこの映画の見所です。←え? 
ほんと二人ともプロだから、譲らないワケ(笑)。どっちの意見も「わかるー」と共感できます。
基本は仕事に対する姿勢と達成感が描かれた作品でした。

「プラダ~」のときも思いましたが、私は彼女(アナ)のことそんなに嫌いじゃないんですよねぇ。だってやることやっているし……。ま、自分の上司だったらほんと死んじゃうかもしれないけれど(爆)、でも一度部下になってみたいなぁとも思ったり……。彼女の要求を以上で返してみたいとか思いません? え? ない?(笑)

ここからは予想ですが、アナは金太郎飴みたいな人なんだと思います。ファッションに限らずどんな角度からどんな質問をしても、きっとそこには筋がとおっている。だから今日「NG」出したものが、明日には「OK」になるなんてありえないんじゃないかな。いくら無茶言われたり、厳しかったりしても筋がとおってたり、生き様がカッコイイと、最終的には人って“しょうーがないなー”って思うと思うんです。本当に気分屋の単なるわがままなら、まわりに人が集まってこないと思います。あくまでも個人的意見ですが。

そして、アナ本人は自分の感性を信じている。自信がある。ジャッジできる。そして結果も出す。
ほんと無敵ですな。11月公開です。興味あるかた是非。

↓アメリカ版の予告
http://www.youtube.com/watch?v=Tq4wo4JYy2s&feature=player_embedded

やっとだわ★

以前、リチャードカーティスの新作についてココにかきましたが、この作品が来月から上映でございます。
もう今から楽しみすぎです。ひさしぶりにサントラもゲット予定です。

邦題は『パイレーツ・ロック』※ずいぶんとかわっちゃったな・・・(苦笑)。

今みたら、ハイっ、こちらIT課の人(クリス・オダウド)がいるではないですか!? あのエントリ書いたときまだ見てなかったからなぁ。さすが、リチャード・カーティス! ニック・フロスト(ホットファズとかキンキー~)も楽しみ。
とかいろいろ理由はありますが、やっぱり私が愛してやまない脚本家(監督)の待ちに待ったの最新作だということです。
ほんと大好き。

先日、『キャデラック・レコーズ』
もみましたが、「ふーん」って感じで個人的にパンチが足りませんでした。

北海道の牛乳屋さん

もう何年も我が家の乳製品のうち、牛乳とヨーグルトは「北酪乳販」さんのものです。毎週移動トラックで販売にきてくれているのを、買うシステムなのですが、そうはいっても私だって毎週在宅しているわけではなく……でも、ここの牛乳以外は飲みたくない。ということで、販売員のおじちゃんと相談して、毎週ゲットできる方法を考えました。それからは安心して毎週購入できています。

もともとが北海道産だからかもですが、本当においしいんですよ。牛乳もヨーグルトも。もちろん他の商品も。
コーヒー牛乳や飲むヨーグルトも大好物です。さらに年末になるといくらのしょうゆ漬けとかも販売していて、おいしかったですわ。
移動販売車でしか買えないのが残念ですが、自宅の付近を回ってほしいといえば回ってくれるのかも。
みかけたら、是非買ってみてくださいませー♪

※決して北酪さんのまわしものではございません・・・。

#リアル友人へ:試したいなら言ってー。買ってもって行くよん。

海洋深層水美人は1日にしてならず

四国からえっちらおっちら帰ってきました。

うーん、海洋深層水での美肌は1日にしてならずって感じでしょうか。
だからこそ、ウトコは長期滞在型のホテルだということを、身をもって実感。
でも、なんともいえずまったりした海洋深層水の質感は、クセになりそう。ミストも予想どおり気持ちよかったです。
白を基調としたホテル・施設も清潔感があって◎
そして、部屋には海洋深層水のペットボトルが6本ほど! しかも「どうぞご自由に」うひぇーー。太っ腹! 
お料理もヘルシーかとおもいきや、そんな精進料理っぽくなく、普通にお魚やお肉、朝はパンですし、おいしかったですよん。ニューサマーのジャムが美味でした。
あー、1泊つぶしたことが悔やまれます・・・。

何もないとはいえ、私は行かなかったのですがホテルから車で5分くらいのところに「室戸ドルフィンセンター」という、イルカと戯れられる施設があり、友人は絶賛しておりました。興味あるかた是非ー。

ウトコ

utoco001.jpg

四国に来ています~♪
マジックタイムがキレイ。
海洋深層水まみれでリラックス中。明日はお楽しみのアエロゾルの日。

刺激的

ここ数日取材で会う人、会う人が刺激的でかなりパワーもらっています。
感動したり、グっとしたり。
いいことです。

  • Instagram

ページのトップへ