6月, 2009 のアーカイブ

おまたせ、平吉っつあん

やっと手元にきました。@K-20

やっぱり、家で観ても面白いです。嗣麻子さん好きだなぁ。
思いおこせば、この金城さん祭りも、この映画がきっかけみたいなものだし。
特典ディスクまで、まるっと興味深く鑑賞させていただきました。

なんか仕事があわただしい。段取りの悪さが原因であることは明白。ここはどうやって切り崩そう。と、また業務とは関係ないことに頭を使っている気がする。まがりなりしも、出版社が作っているものとしてクオリティが低すぎるのは、個人の意識の問題だと感じる。これじゃ、外部からお金はもらえないよなぁ。

なつかしい顔と

以前勤務していた編集部の同僚と久し振りに再会。
場所は六波羅北条@赤坂 だったんですが、改装したんですねぇ。知らなかったです。昔はカウンターだけのお店だったんですが、奥にテーブル席とかできてて、グループで使えるお店になってました。店を出たあと、なんか足りないなーって思ってたんですが、帰りのタクシー内でシメにまぐろ茶漬け食べ忘れたことに気が付きました(笑)。うっかりしてました。
何気に最近くし揚げづいてます。先週も銀座でくし揚げったもんな。でもおいしいのだーー。ビールに合うのだー。
これでいいのだー。

会社をやめてもう何年も経つけれど、こんな風にたまにご飯食べに行けたりする関係ってなんかいいなと思います。残念ながらこの同僚はもう編集の仕事はしてないけれど、フィールドが変わってもちゃんと戦っているし、志というか信念がまっすぐにあることが、会話からわかって、嬉しくなったな。勝手に(笑)。

#テキーラとトマトジュースは意外に合うね。うん。

「六波羅北条」
六波羅

カンブリア宮殿

ここ3週間ほどカンブリア宮殿が面白いわけなんですが、今夜の「メガネ21」って会社がめちゃんこ面白い。
売り上げが80億あっても、経常利益は5万円とかなんだよね。これは内部留保がないことを意味するんですが、そうすると資金繰りはどうしているんだろうとか、根本的にどうやって経営してるんだろうと思ったんですが、番組内で解決しました。
これ、本にするところありそう。すっごい面白い経営システムだったワ。
社員出資方式という考え方。かなり革命的。
勉強になりました!!

こんな会社、企業が日本にあるなんて!! 素晴らしいよ!!
取材したいーーー!!

働きもの

週末はライブ三昧。知り合いのしのぶくんを観に、渋谷、そしてB-Tのライブにお邪魔@横須賀
脳内♪いっぱい、おなかいっぱいでございますー。

仕事のほうも、夏に向けてバタバタと進行中。
終わるのか!?

また、年末ごろの仕事が面白いことになりそうです。
どえらいことになってまーす。ちょっと気後れしそうなほどですが、前進あるのみで。

#今、テレビで女子アナウンサーの人がカラオケカロリー消費選手権みたいなことやっているんですが、松尾アナって人、面白いね。好きになりそうです。

夢なんじゃないかと思う

ある仕事で、とてもありがたいお話をいただきました。
動くのは来年ですが、いまから準備です。
実は、もう1件すんばらしいお仕事に関わっていまして、こちらはもうじきここで書けるようになるかと思いますので、いましばし。

2件とも、完成した暁には私の仕事人生の中でとても大きな意味を持つ仕事になるでしょう。

なんか、私、もうじき何かあるんじゃないだろうか。
こんなこと続くわけないよ。うん。

そういえば渋谷で「K-20 」のDVDポスター発見。みなさんヨロシク~♪

極上のサービス&美味は似ている

土曜は友人と映画を2本立て。
そういえば、来週あたりからウディの新作「それでも恋するバルセロナ」が観れる。スカーレット・ヨハンソン好きなんです。こびない感じのたたずまいがかっこいいなぁって。新作の公開が楽しみ♪おまけですが、「マッチポイント」のスカーレットは美。是非ご覧あれ。

その後、ポン酢を食べに、いやいや、豚しゃぶを食べに銀座へ。ついでにオーバーホールに出していた腕時計を引き取りに。きっちりメンテナンスされて戻ってきました。また大事に使っていこうと思います。

ハイブランドのサービスとおいしいものを食べたときの感覚はとてもよくにていると思う。
どちらも、満足度が高い。

私たちはその満足感のためにそれぞれにお金を払っているといってもいいかもしれません。
個人的にあまりブランド志向ではないのですが、時計だけはハイブランドものをいくつか所有しており、どのショップでも素晴らしいメンテナンスシステムが備わっています。高額なものだからこそ大事に長く使いたいし、時計はそういうものだと思っています。

—–
ちょっとした出来事があって(笑)、性懲りもなく、また三国志(漫画)を読み始めました。っていっても、いいところだけ読みですが。レックリ2も、予約開始です★

言い切ったねアンタ

今仕事でお付き合いしている相手が会議で言った一言。

「あ、俺、直感、感覚の人だから」

おまけにドヤ顔(笑)。
うっわーー、私、この仕事は最前線イヤ。
なんて思ったことは絶対内緒です。
これはそこになんの根拠や説明がなくとも、人が動く(動かせる)立場だからこその発言ともいえますが、経験上、こういう人がトップの会社は社員が育ってない、育たない場合が多い気がします。
そういえば、元五輪のシンクロコーチだった井村さんにインタビューした際「選手に対して1つだけ絶対に守っていることがあって、今日と明日で言うことを変えない」と言っていたっけ。

話を戻して……WHY?
指揮官は今日と明日で言ってることが違うし、いくら考えてもそこになんの理由もないから、対策のしようがない。
仕事の経験よりも、指揮官のプロファイル能力が高い人が結果を出して評価される。そんな状態で信頼関係なんか築けるわけない。だから仕事をしたい人はやめていっちゃうんでしょう。だって魅力感じないものね。もちろん指揮官の好みを把握していくことも仕事のひとつだけれど、間違ってもそれはメインストリームの業務じゃない。※あ、広告代理店の営業さんはこのプロファイルが仕事なのでそういう人は除外。

正直仕事は、ある程度経験積めばだれだってそこそこできるようになりますが、責任感とか思いやりは性分であり、キャリアではどうにもならない。言ってしまえば生まれ育った環境に関わること。これをもともと持っているかいないかは雲泥の差だといろいろな現場を見て感じます。

私は新人を見る際、正直スキルなんてどうでもよくて、部屋に入ってくるときと出て行くときしか見てません。
扉のあけかた、挨拶の仕方、椅子の座りかた、扉の閉めかた。これで十分。
付け焼刃かどうかも、動作を見ていたらすぐわかる。

これらが私のジャッジ的に合格だと、ほぼ100%の確率でその後のその人の仕事の仕方とシンクロします。ハズレなしよ。
って、私が一緒に働きたいって思う人という意味ですが。

こういう人はちゃんと挨拶もできるし、電話もすぐとる。自分のことだけしかやらないとかそんなこともしない。
だから気持ちよく一緒に仕事していける。あと、こういう人は、ちゃんと人の話をきくし仕事の覚えも早いから、結果仕事のできる人に育っていきますね。

ま、私が言ってることも直接の業務とは異なると思うんですが、だいたいベストセラーといわれる(自己啓発的な)ビジネス書に書いてあることはすべて母親から教わったことばかりじゃん、なんて思っているので、あながち人を見る目の的ははずしていないと思います。

で、結局何が言いたいかといいますと、立場はどうであれ「俺は感覚の人間だから」なんてドヤ顔で言うことじゃねーよ。ってことです。

やっぱりすごいEXILE

まったくもって歯がたたなかった、EXILEの今回のツアー。
FC先行でハズれ、モバイルでハズれ、ローソンでハズれ、ディスクガレージでハズれ、e+でハズれ、ぴあでハズれ・・・。と惨敗でした。
しかし、奇跡的にチケットが手に入り、遊びにいっていきました。EXILE「MONSTER」。

やっぱりすごかった。EXILE。

先日のoasis同様、このライブ(ヒット曲満載のという意)ができることがすごいし、やっぱり間違いなく、日本一CDが売れているモンスターグループだということを実感してきました。

ファン層も幅広く、全然共通点が見つからない。
本当にまったく読めない。プロファイルできない。=EXILEファンが他に刺さるもの、興味あるものってなんでしょう?
という問いかけに無数の回答がでてしまうということなんですが・・・。

仕事柄、人よりはたくさんのライブに行っているかと思うため、あえて言いますが、客層にこんな印象を持つライブ、初めてかもしれないなー。他にいるかなぁって思っても全然出てこないや・・・。
ここでSMAPという声が出てきそうですが、EXILEのお客さんは彼らよりももっとバラバラなんです。

まだ先があるので、内容については多く語れませんが、個人的に今回の演出もとても素敵です。
これから行かれるかた、お楽しみに♪

ということで、ハズレまくったツアーですが、先日追加が決まって、ようやく当たりました。
こうしたチケットを確保するだけで、もう一仕事やりおえた感があります(笑)。

今更感たっぷりですみません

今更の話題ですが、ソニーのまる録のセイバーがかなり良い感じ。

少し前から使っているんですが、これでもかっ! ってほど、まねき猫とかまねき猫とか、招き猫とか(笑)。
殺伐とした仕事中、幸せ気分です。

お試しあれ。

こんなこと私が書くのはいけないんだけど、著作権無視の無法地帯だからこそ楽しめるアプリなんだってことを痛感。
いろいろなキーワードでお試しアレ。意外な単語を設定すると、かなり笑えます。

パワーチャージ、ください

先週から職場が変わって。というか事務所が変わりまして・・・。
とはいえ、場所そのものは前の事務所とあまり変わってないのですが、とりまく環境が劇的に変化したため、仕事とは違う疲労がたまっている。
そういえば、2009年の初頭の運勢に「とりまく環境、人ががらっと変わる」と書いてあったっけ。
何気なく、事務所かわったりするのかなぁとかぼんやり思っていたんですが、コレのことか!

前の事務所には、5年近くお世話になっており、なんだかんだとラクチンだったなぁと、今更ながらしみじみ実感している次第。
信用や信頼を築くのは仕事の結果は当然のことですが、年月も必要なわけで、今は自己プロデュースの真っ最中。

私くらいの年齢になると、今までの経験やキャリアに対して期待もされるし、結果も求められる。
それはまぁいい。「できません」といえる年齢でもないし。
しかし、この業種は明確な指標がないため、ここをクリアしたら、はい、アナタはレベル○○ね。と言えるものでもない。
まして、試験があるわけでもない。
だから困る。

一般的には見た目にはわからないかもしれないけれど、細かい仕事をしている人とそうでない人の差は編集者なら紙面をみれば歴然。

最後のひとてま。
いつまでもそこに手を抜かない仕事人でありたい。
誰も気付かないかもしれないけれど、やらずにいられない。
それが編集者ってもんでしょ。ねぇ。

  • Instagram

ページのトップへ