6月, 2008 のアーカイブ

祝! ハードデイズナイトホテル

イギリスにいきたい。
そして、このホテルに泊まりたい。

今年建ったばかりです。
その名のとおり、内装が全てビートルズ関連で、ファンにはたまらん内容だそうだ。

「ハードデイズナイトホテル」
http://www.harddaysnighthotel.com/home.aspx

私はめちゃめちゃビートルズファンではないですけれど、オープン記念のグッズ(ピンバッヂ)がすこぶるほしいです。ネット販売してほしいなぁ。
その前に、誰か行く人に是非頼みたい。お土産としてー。

—-
最近私のまわりで、富士山に登る人が増えているんですよー。
ついに、M-ONでも! 富士山アタック!
http://www.m-on.jp/blog/10th/fujisan_attack/index.html

井上雄彦さん展

私たちの世代はまさに「スラムダンク」、“スラダン”どストライク!
この漫画からからは、いろいろなことを学ばせてもらいました。楽しみながら。
※余談ですが、「BRUTUS」でも特集されてたのみて、あぁ、ターゲットが私たちの世代になったんだぁとしみじみ感じました。

ってことで、行って参りました、「井上雄彦 最後のマンガ展」
すっげー混んでやんのー。平日だったのに。読みが甘かったなぁ。

「バガボンド」読んでなくても、じゅーーーーーーぶん楽しめますし、これは行かないと、というか、行ったらのちのち、“井上雄彦展いったぜーー”と、必ず自慢できる内容です。

内容はというと、1歩入ればそこから、会場全体が漫画です。
漫画というか、日本画の応酬な感じですね。
すごいです。迫力とか筆力? が。

完全に飲み込まれました。私が。
美術も照明も素晴らしくて、仕掛けも面白い。すべてがプロフェッショナルな仕事ばかり。

何かを作って人の心を動かせるとしたら、それは間違いなく真摯な心を持ってしないとダメだと思う。
そんなことを、作品を通じてまざまざと見せつけられました。

本当に素晴らしかったです。これもまた、もう1回行きたいけれど、もうチケット入手できないだろうなぁ。

井上雄彦さんwebサイト

あわあわな日々

もうなにからなにまで、放置しすぎで、大変なことに。
請求書やら明細やら、ペンダコができるほど・・・・。ふぅ。

先週、今週とあいも変わらずいろいろなライヴに行ってますが、とりわけジンがよかったな。
前から見たかったので。
ホールあり、ライヴハウスありで改めてステージング、というかアクションの大事さを実感。
それらが上手いミュージシャンって、その楽曲がもつ魅力を2割増しくらいで聴衆に伝えるパワーがあると思うなぁ。ま、どーであれ、それらは「音楽」とは関係ないんですけどね。

夜は以前から食事に行く約束をしていた友人たちと、食事に。なんだかんだと深い時間まで。
楽しい時間でした。

週末は久しぶりに山田くん(ex:イナズマ戦隊)のギター聴きに行ってきます! ストラト修理出しているらしい。残念でなりません。

信念を持て!

学生時代に、講師から言われたひとこと。

「後悔するやつは、何やっても後悔するんだよ」

この言葉、学生の私には脳天直撃ほどのクリティカルヒットでした。
その後、いろいろなドラマや小説で幾度も見かけました。
みんなこの言葉にシンパを感じているんでしょう。

信念を持って仕事をせよ。
そして誠実であれ。相手にはもちろんのこと、自分にも。

インテルの鳥

インテルcentrinoプロセッサのCMに出演している、ニワトリ? トリが好きです。
カラダのパッチワークっぽい質感、羽のあつらえなどが妙ーにツボです。
webサイトを見たら、おもしろい展開になってました。
このトリ、めっちゃ仕事できるのかー。M&A任されていたわ(笑)。
※週末別荘でのヒトコマ

このノベルティとかないのかなぁ。そしてこのトリの名前も知りたい。
※あ、セントリ(鳥)ーノ氏だそうだ。(そのままじゃん)

CM?コンテンツはザ・ストリッパーズが制作 webデザインはShed。
でも実のところこのセントリーノのコンテンツそのものは、私はあまりいいとは思っていないんですよねぇ。
お金が掛かっていると一目瞭然。ただその手間と金額に訴求が見合っているかというと、私とは感覚が違うなぁと感じました。この方法はもっと楽しく魅せるコンテンツで使えそうってどうしても感じてしまう。

また、CPUブランドに“キャラ”を存在させるっていうのも、面白いと思ってます。
こういう狂言まわし系のキャラはプロダクトやブランドにはいたほうが何かと便利だとは思うんですけど。
けれど、こちらもキャラ設定がしっかりしてない感じ。
なんかあとちょっとがおしいっ! って思ってしまっています。

それにしても、トリはカワイイ。

ふと食べたくなるもの

「メントレG」という番組を見てましたら、なんと編集部近くの「竹とんぼ」の鍋が。
「竹とんぼ」
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/takebe/

ここ、ほんとおいしいです。お値段も手ごろなので、機会があればみなさまもぜひぜひ。
ここは遠憲さんが紹介してたけれど、遠憲さんってお住まい新宿だったのかぁ。どおりで。
編集部の近くとかでよく会うので。

私の中ではちゃんこ(塩ちゃん)て言ったら、「玉勝」がキング。有名だけど。お豆腐と鳥、野菜がたっぷりで本当においしいです。ここも最近行ってないなぁ。久しぶりに行きたくなりました。

と、こんなことを考えていましたら、祐天寺の「ナイアガラ」を思い出しました。(脈略ない感じですいません。完全に話題ぶったギリですわ)※列車に乗ってカレーが運ばれてくるのお店なので、知ってる方も多いはず
http://www.meguroku.com/shop/shop.php?group=14&shop=201
湘南の「珊瑚礁」もいきたくなってきた。

なんかふっと思い出してみた、ごっつ食図鑑でした。

TUBE@国際フォーラム

昨日は仕事仲間の方と一緒にTUBEのライヴへ遊びに行ってきました。
書きたいことはたくさんあるのですが、まだツアー中なので何も書けないです・・・・。ごめんなさい。
相変わらず春畑さんはいい音してました。キレイなメロディと歌うようなあの音はオンリーワンですね。

実は一足先にシングル、アルバムを聴かせていただいているのですが、春畑さんの神がかった「情熱」ソロ以来ですかね? 渾身のガットギター弾きまくり! は見逃せないです。オススメです。
余談ですが、「情熱」のソロがたまらなく好きな私です。

その後、みんなで食事をし、酒を飲み、朝。

おはようございます。

ネタのようなホントの話

河原さんがblogで書いてたけれど・・・。

X JAPANのTOSHIさんが、ファンのことを“アース”と呼び始めたそうだ。
ほんと、こういうのソワソワします。

こういうときのために、状態を表す“ソワソワ”って副詞は存在するね。しかも【カタカナ】。

最近のメロウな一枚

最近、家でゆったり、こんなん聴いてます。
「MY LIFE」/JUJU

Whitneyの「Saving All My Love For You」とかThe Brand New Heavies の「NEVER STOP」とかもカヴァーされています。
私、この曲、オリジナルのThe Brand New Heavies よりも先に、別のアーティストで聴いたんですが、忘れてしまった……。まぁ、膨大な人がカヴァーてしてると思うんで、アレですが、ジャッキーグラハムとかサンディー・リードあたりでしょうか。ここら辺、ごめんなさい、信憑性ないので、お許しを。

JUJUさんはインタビューさせていただいたことがあるんですが、もっのすごくブラック(ソウルがという意味)で、ファンキーでした。で、この歌声。素晴らしい!
ぜひ聴いてほしいです。オススメ。
このエモーションは、CDからでも存分伝わります。福原美穂さんもそうですが、もっともっと濃い、こゆーーい、ブラックミュージックを歌ってほしいですね。エイミー(ワインハウス)みたいな感じで。

最近ますます、ファンクに傾倒してきている自分がいます。なんか自分の落ち着きどころが、定まってきたかも。なんか年齢を重ねて、ますますソウルフルなものに惹かれてきています。面白いです。
っていうか、スライが来日するよーー。でも・・・チケット無理だろうな。

#「床下仙人」/原 宏一 をやっと読み始める。オモロー。

オモロー

デイリーポータルのロールケーキゲームにハマってます。
おいしそうよね。

ぜひぜひ。

しかしZはいつもおもしろい。
このあいだ、稚内から都内までバスで実況しているのとか、くだらなすぎて最高でした。
やっぱり楽しいのがイチバンよね。

  • Instagram

ページのトップへ