11月, 2007 のアーカイブ

貸し出しリストを作成

以前、「何度も買ってしまうCD」というエントリをあげました。
これは、貸した相手を忘れている私も私ですが、借りた相手も相手ですよね。そういえば私には昔、エアロスミスの限定BOXを貸したら、友人が中古に売ってたという、許しがたいネタのような本当の話があります。
さすがにこのときは、キレまして……。「同じもの買ってもってこい!」って言いました。

まぁ、そんな感じで、痛い目にもあっているクセに一向に貸し出しの管理をしていない自分なんですが、いい加減自己管理以外(別のケースに入れっぱなし、カーステに積みっぱなしなどなど)のものに関して、リストを制作することとしました。誰に何を貸しているか、のリストですね。
基本的に友人たちには期限を決めて貸しているものではないので、返却はいつでもいいんですが、自分が聴きたい、見たいと思ったときが返してもらいどきですかね(笑)。だいたい1年とか周期だとは思うんですが。

また、すでにそれを自分で所有していたのかすら、わからないソフトも結構あると思うんだよなぁ。
そういうのは、貸した相手からの申告でしかないので。よろしくお願い致します。

2007年もあと1ヶ月で終わり。
大掃除のついでにぐるっと本棚やCDラックを見渡して、人から借りているものなどがある人は、これをいいタイミングにして返却しましょう! 年越しちゃうよーー。
私も借りているものがないか、チェックしなくては!

なんか、なつかしいキンモクセイ。久しぶりにカラオケしたいな。

ハイブリッドな~(ほにゃらら)

ちょっと媒体名はいえないのですが、今、面白い企画をやっています。
スノッブまでは行かないですが、ちょい手前。見出しに「ハイブリッドな~」というものが並んでしっくりくる企画です。
全然知らない分野の企画なので、毎日が刺激的で。勉強も大変なのですがそれよりも時間軸のスピードが速いので、おいついていくのが大変です。

ただいま年末進行祭り中です。

どなた様も、体調だけはお気をつけて……。

がんばれ、がんばれ。

私はmixiというSNSを利用しているのですが、以前仕事のことで、迷いつまづいていたときに書いた日記に、とある友人がひとことコメントしてくれました。

「がんばれ、がんばれ」

もちろん、この“がんばれ”って言葉や意味の深さを知っている友人からの言葉。

やっぱりあまり簡単に人に対して「がんばれ」とは言わない、言えないです。
だからこそ、これには、とても大きな意味のある言葉。

私はこの友人からもらったこの一言がとっても嬉しくて、嬉しくて。
ほかの友人が悩み傷ついたときに、何回か拝借させていただきました。
やっぱり友人もこの言葉に刺さりました。をを、友よ!

何気ないヒトコトですが、私にとっては、とても大きく、意味のある言葉でした。
本当にありがとう。

最近この友人は大切な人と一緒に住み始めて、とても楽しそうだし幸せそう。
なんか私も嬉しいです。
少しそのピンク色、分けてください(笑)。あやかりたい!

岡崎さんのドラム

昨晩は知り合いのバンドAge of punkのライヴにお邪魔。
いやぁ、岡崎さんのドラミングが素晴らしく。
スネアのハードな音で、楽曲がしまるというか。ダイナミックなバスドラさばきも、イカしておりました。
終演後、挨拶もママならず失礼してしまい、すいませんでした。

今週は以前から予定していたとおり、ライヴ三昧WEEKでした。
さすがに体力が……。

年末進行も始まりました。ギア入れなおして取り組みます。

#富田ラボが始動なんです。竹善さんとbirdです。ステキです。竹善さんが歌うブルージーな「初恋」は必聴です。
FUTABAという東京音大出身のデュオが奏でる、ハネたピアノも最高!

今宵もポカーーン

本日もライヴ。原稿が来なくて、どアタマから見れなかったのが心残りでなりませぬ。今日のバンドも恐ろしく素敵でした。
どうしましょうね。複雑なアレンジにポップなメロ、そしてイカしたへんてこリズムとJAZZ要素たっぷりなベースライン。
はぁ、しょこたん風に言うと“ギザカッコユス”ってところでしょうか。←私が使うとちょっと、いやいや、全然足りない子みたいだ……。
今宵も素敵でした。
—–
某所に出した原稿が完璧リテイク。こういうの久しぶりで、プチショック。
取材ノートを引っ張り出してキーワードをすべて抜くも、使える話の少なさよ……。あぅ。
なんとかしなくては。と悩む。
—–
請求書がたまりまくっている。ヤバイ。ちゃんと出さなくては。しかし今月のアタマにやっていた仕事のことをもうすっかり忘れている有様。
—–
「働きマン」の1シーン「どうしてこんなにちぎれそうになって仕事しているんだろ」というところを見てうっすら泣く。
えぇ。昔ありましたよ。彼と別れた数時間後に道玄坂で風俗嬢の撮影をしてたことが。

私たちみたいな仕事はどうしようもない時っていうのが存在して、比較的規則正しいリズムでお仕事されている方にはなかなか理解していただけないことも多いと思います。ほんと今日の私みたいに、本来なら終わっているのに終わらなかったり、追加が出たりなんかして、でもやらずにいられないし、やるっきゃないのです。
そして彼から言われるのです。「オマエといると息苦しい。俺がダメな人間に思えてくる」って。
そんなことヒトコトも言ってないのに、どうやらそんな風に感じる男性は多いようです。
難しいっすね。

私も彼からの「がんばれ」ってメールで何度も励まされたり助けられたりしてきました。夜中泣きそうになっているときとか、彼は出勤時間で私は徹夜明けの編集部のときもあったなぁ。
雑誌に載ってるような、そんな恋愛じゃなくて、駆け引きとかするこざかしい恋愛でもなくて、そこには恥ずかしくなるほど素直な2人の恋愛があったように思います。

私はそんな彼からのメールをフロッピーに保存してました。←あぁ年代が……。
なんかそうしたかったんですよ。当時は。

今となっては、全部いい思い出です。

原稿がきません

昨晩は某ライヴへ。彼らのことは2年ほど前に1度観たことがあり、いいなぁって思っていたんですが、昨日のライヴもとんでもなかったです。ひさしぶりに魂が震えるほどの音でした。安定したドラムサウンドと低音をウネウネし、からみつくようなベースライン、轟音ロックギターサウンド。途中のアコギ曲で、今までのこゆーい、ぎゅうぎゅうに音が詰まった感がちょっと中和される感じもまたよかったなぁ。そして抗いようのないヴォーカルの品。いやぁー。本当にシビれました。久しぶりに毛穴全開! 興奮しました。すべてがとてもバランスよく目にうつり耳に入り、終演後しばしボーゼン。力あるバンドだなぁと、しみじみ感じました。

会場で偶然お世話になっている代理店の方と、ライターさんと会う。
Mさん、今日(笑)、また会いましょう!

その後、代理店の方と会場近くの有名なロック居酒屋(爆)へ。
おのおのの学生時代について焼酎を飲みながら熱く語る女3人――。あはは。
いやぁ、でも音楽がなければ、こうして出会いもないわけでして。ましてこんな風に会場で会うなんてこともなかったわけで。ありがとう。音楽!

ちょっと体調が優れないと思い、今回は早めに円盤(喘息の薬)やってます。おかげでずいぶんラクです。
こわいこわい。

ってことで、タイトルは今の心境であり、本文とは関係ありません。

あぁヴァイが、クラプトンが!

最高に笑いました。

アーティスト本人たちの音楽を知ってる人だけ見てくださいね。
そうでない方には非常に誤解を与える映像なんで。

オススメはヴァンヘイレン・サンタナ・クラプトンです(笑)。

http://jp.youtube.com/user/StSanders

光陰矢の如し

いろいろあった先週後半~日曜日。

取材もやまほど、原稿も。忙しいときってなんで重なるのでしょうか。うむ。
そんな中、土曜日はチャットモンチーのライヴに。うへぇ、やっぱりめちゃくちゃよいライヴを見せてくれました。いにしえのロック好きな私としては、このくらい音が太くないと物足りないっていうかなんていうか。なんにせよロックだぜーー! って気分を味わえました。よし。
日曜日は知り合いのバンドのライヴに。いやー、こちらもめちゃくちゃよかったです。
CDをいただいていて、ライヴを見たいなぁと思っていたので、念願かなって嬉しいです。
その後みんなで飲み。
足は折っても、手は折るな。特に左手!

最近みんな持ってるよー

一番初めは、仕事関係のディレクターさんが持っていたんです。 その3ヵ月後くらいから、街中でちょくちょく持っている人を見かけます。 それは……GOYARD(すいません。ブランド名まちがってました。「ゴヤール」って言うみたいです。失礼しました!!) のバッグ。ココでどんなものが見れます。 私、このブランド初見なんですが、ググってもオフィシャルサイトが出てこなくて、不明なんですよねぇ。 こんなに街中で見るってことは、きっと日本に直営店とかあると思うんだけれどな。 不思議なバッグです。 緑色がとってもステキなんですよねぇ。

「ゴヤール」
http://www.goyard.fr/goyard.html

『現代用語の基礎知識2007』

知らない言葉がたくさんありました。
面白いなぁ。

http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20061106/1162811604

そうえいば以前買ったきり、なかなか読んでいない本「神様がくれた指」を読み始めました。
なかなかボリューミーなので、少し穏やかにならないと読めないなぁと思っていたので。
5刷もかかっているお話しなので、読まれたかたも多いのではないでしょうか。例の「一瞬の風になれ」で本屋大賞をとった作家さんの作品です。

あと、やっぱりチャットモンチーがカッコイイ。ライヴが楽しみで仕方ありません。

  • Instagram

ページのトップへ