5月, 2007 のアーカイブ

藤原さんはやっぱり藤原さん

昨夜は陣内さんと藤原さんの披露宴でした。
録画していたものを、先ほどまで見ておりました。

著名な方の結婚式に限らずな話ですが、友人ではなく、会社関係の方の結婚式、披露宴に出席するということは半ばお付き合いのような感覚が、少なからずあったりする人は多いものです。実際に結婚式や披露宴を行うか行わないかの判断基準のひとつに、義理ではなく心から「おめでとう」。そう言ってくれる人はいったいこの中で何人いるのだろうか。そう思い結婚式や披露宴をしないという選択をしたカップルも多いかと思います。

そんな中、陣内さんと藤原さんのものは、いろいろな意味で本当の披露宴。でした。
テレビ中継にも関わらず、2人の披露宴に勝手に呼ばれている雰囲気になってしまった人は、私だけではないはずです。
(というか、今まで中継されていた披露宴と決定的に違うのは、披露宴そのものが自己満足じゃないんです。来てくれた人たちに楽しんでもらおうって気持ちがちゃんとテレビを通じて伝わってるんですよね)

丁度品が豪華であるとか、ドレスがすばらしいとか、そういうところに一切目がいかないんですよ。
ちゃんと披露宴なんですよ。上手く表現できずすいません。

心よりおめでとうございます。と、今、お二人にいいたい気分です。

スライドのときに映った写メ風の2人のカットが超ーー素敵でした。
藤原さんはやっぱりいい女です。ますます大好きだーー。

ぽん酢なみなみで!

私はぽん酢を筆頭に、お酢系(すっぱいもの)が大好きです。しかし酢の物などは苦手。←Why? ジェニファー?
しゃぶはもちろんぽん酢。ぽん、ぽん、ぽん、ぽん、ぽん、ぽん、ゴマ。のルーチンですが、まぁ、この程度の割合でゴマがでてくるのは、かなり稀で、ほとんどもう「ごちそうさま」のゴールが見えてきた次点で、はじめてゴマも1回やっとく? ノリですね。まったく使わないときもあります。

ココ数ヶ月のあいだに、私のluv “PONZU”熱は急上昇し、とにもかくにも、なんにでもぽん酢。な人になっています。
サラダや冷奴はもちろんのこと、納豆、そうめん、焼き魚、温野菜まで、「どんだけー」って言われそうなほど、ジャバジャバかけまくっています。

ここまでくると、大方予想がつくと思うのですが、伊勢丹じゃ飽き足らず、ついに地方から取り寄せるまでになってしまいました。
おかげで我が家の冷蔵庫では、数種類のぽん酢がところせましと並び、今宵こそはスタメンにえらばれますようにと、スタンバっております。

中でもオススメは「デコポンぽん酢」。
かんきつ系の食品が名産になっている土地には、必ずその名産品を使ったぽん酢があり、それがまたおそろしく美味なものが多いのです。デコポンはオレンジみたいなものなのですが、よくあるゆずぽん酢のゆずの部分にデコポンが使われていると考えていただければなんとなく想像がつくのでは?
あと、本当先日、伊豆に行った際スカウトし、即レギュラーになった「ニューサマーぽん酢ドレッシング」。
これもおっそろしくうまい!! こちらは果肉が入ったままなので、余計にフルーティー。

そんなこといいつつも、一番オーソドックスなもので「ゆずぽん酢」(もんくたれ)が、今のところ我が家ではスタメン率が非常に高いところが、保守的な私らしい采配ですけど(苦笑)。

これからますますぽん酢がおいしくなる季節です。←表現がすでにおかしい(爆)

レッツ! P-O-N-Z-U! 欧米か!

「デコポンぽん酢」
http://www.hoshisan.jp/

「ニューサマーぽん酢ドレッシング」
http://www.itoshirako.jp/index.html

「ゆずぽん酢」
http://www.monkutare.com/

■おまけ。
ぽん酢ガイド
http://members.at.infoseek.co.jp/nyappa/

「こち亀」はおもちゃ箱

面白くて一気に読んでしまいました。
みなさんにおなじみの鮫島(新宿鮫)×両津勘吉、マコト(IWGP)×両津勘吉、南極夏彦×両津勘吉、東野圭吾さんが書く両津勘吉……。
同じキャラクターを使って、さまざまな作家さん(7人)が織り成す、「こち亀」サイドストーリー集です。
※どうせなら京極堂を出したらよかったのに、って思いましたが、読んで納得。

もともとは「週刊プレイボーイ」で連載していたものがまとまった一冊ですが、まずこれは企画にアッパレ。くくりは確固たるオリジナリティをもったキャラクター“両津勘吉”のみ。
それぞれ作家さんの代表作品のテイストの中でも、両さんはちゃんと両さんで。
これってすごいことです。どんなメロディでも山下達郎さんが歌えば、それは山下さんの曲のように聴こえてしまうような、オンリーワンの存在感です。

こういうキャラクターを作った秋本さんは、やはり偉大です。

※「こち亀」をまったく知らない人は残念ながら楽しさ半減だとはおもいますので、あしからず。

そうだ 大阪行こう

070526_1751~01.jpg
070527_1727~01.jpg
名古屋へ行ったついでに、もったいないから(なんとなく貧乏性?)大阪へ遊びにいってまりました。
名古屋から大阪は新幹線だと3000円くらいなんですね。
時間も1時間くらいですし。
(各駅でいったらもっと安い)

そして今日はもう東京です。300kmはふらっといく距離ではないですけれど、私にとっての大阪は近いです。
余談ですが、環状線で乗り合わせたハタチ前後の男の子たちがかわいくて、格好よくてどうしましょうという感じです。
関西弁で会話しているという点も、+20ポインツほど加算されております。

【お知らせ】
私の凡ミスで、ドメインの更新をし忘れておりまして・・・数日間変なページが表示されておりました。
無事に更新しましたので、今後ともよろしくお願いいたします。

#T様、ご連絡ありがとうございました。Oくん、あんがとーー。

愛のある写植

ニヤっとしたそこのアナタ。
あの青い写植見本帳を取り出したアナタ。

一緒に抱き合いましょう。

私は写植はおろか活版もなぜか経験しているので、写植屋さんの苦労は100も承知です。なので、無茶はあまりしなかったとは思うんですが(最悪は全号より切り貼りしてましたしね)、広告業界ではとんでもなかったんだろうな。と思います。
深夜にどっかの誰かの思いつきでいきなり修正、代理店が制作に指示、制作がタクシー飛ばして写植屋さんへ。
想像しただけでも、泣けてきます。

温故知新――。

「愛のある写植」

至言の心得だと誰かが書いていましたが、本当にそのとおりです。
ベイベー、そこに愛はあるのかい?

心の師匠と呼んでいます

ハイレグ、演ぶ(「演劇ぶっく」)の連載から好きでした。
河原さん。いや、最近はアブドーラ・ザ・マッチャー氏。
blogRSSにも入れているので、ご存知の方も多いはず。
http://loverock07.cocolog-nifty.com/blog/

私、河原さんの文章(センス)にとても影響受けています。

本当に自分や近くにいる友達たちと発想が同じで、お会いしたら友達になれる確率は高いと思うんですけれど。

いつかお会いしたいなぁ。

海賊、ついに終焉をむかえる

いよいよ今週末公開されます。
「パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールド・エンド~」

前のめりの高揚感と完結に対する喪失感とのハザマで、私の心は行ったり来たり日替わりで動いておりますが、俄然【高揚感】のほうが勝っています!
wiiやDSでゲームも発売されますし、今回も盛り上がりは必至。
私もこの目で“キャプテン” ジャック・スパロウをはじめとした、愛すべきロクデナシな海賊たちの結末を見てこようと思います。

そして 7月20日~ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」がジャック仕様になります。去年からこの日をどれほど待ったことか!!

これ、剣を差すとジャックがしゃべるんですよ!
※タカラトミーの黒髭サイト

最高にイカした一枚

数ヶ月前に、仕事仲間より教えてもらった一枚の日本盤がようやくでたようです。
これ、本当に最高です。ジミヘン好きなら買っとけ! の一枚。

もう何も語るまい。説明すまい。
そんな感じです。
今でも全然飽きずに聴いています。

満を持して、紹介します。

気分でセレクト

BGMの音楽セレクションって自分のテンションとものすごく深い関係にあると思います。

世の中にはいろいろな音楽が存在していて、それぞれの人間に少しずつ影響を与えているものだと思っているのですがいかがでしょうか?

スターダスト・レビューというバンド

土曜日は仕事でスターダスト・レビュー(通称、スタ・レビ)の25周年記念ライブにお邪魔してきました。
なんと、6時間(実際は7時間)にわたる、おやつつきライブでして、嬬恋以来の記念的1本でした。撮影録音OK。というありえない状況の中、行われました。会場である「さいたまスーパーアリナー」内ではメンバーの地元である埼玉県の物産展を催していたり、バンドの歴史展のようなものをやっていたり。中でも歴代のファンクラブの会報は面白かったです。当時はモノクロでタブロイド版が主流だったよなぁと見ていて懐かしくなりました。

久しぶりに見る、スターダスト・レビューは、本当に素敵でした。
昔とおんなじ、気持ちのいい音楽がそこにはあって。
変わらないメンバーがいました。要さんは要さんだった(笑)。
25周年だからといって、全然かざってなくて、やっぱり今の年齢だからこそな感じが、余計に彼らを素敵に見せてくれるのです。
なんとゲストに小田和正さん登場。
オダ・レビとして歌った「木蘭の涙」「YES,NO」は私の心の家宝にします。

さて。スタ・レビ雑学。
実はスタ・レビの音源って廃盤になっている皿、1枚もないんです。これって本当にすごい。きっとライブ見た人がCD欲しくなってコンスタントに過去ものが売れるんだろうな。わかるなぁーー。
ちょっと今はわからないので、あとで調べておきますが、過去リリースものが1枚も廃盤になっていないアーティストって日本で3人くらいしかいかなった気がする。一人はユーミンだった気が……。どちらにせよ、後日。

さて、そんなスタ・レビ。10月からまたツアーだそうです。
演奏などは歌が素晴らしいのはもちろんですが、いろいろな意味で1回いったらハマるとおもいます。
関東の人は中野サンプラザをオススメします(あったら)。音がめっちゃくっちゃいいので、彼らの演奏はここのハコで聴いてほしいなぁーと思う私です。

  • Instagram

ページのトップへ