3月, 2007 のアーカイブ

私的音楽のお返事

みなさま、メールフォームよりメール、ありがとうございます。
最近またちょっと音楽どっぷり系の仕事をしているせいもあって、それがらみの感想なんかもいただいちゃって、嬉しい限りです。
基本私は編集者ですので、原稿を書くこと(ライター仕事)はあまりないのですが、何故かライターとしてお仕事をいただくことが昔から多いです。ありがたいし嬉しいですけれど、私、文下手だよ。いいのか……。

さて、いただくメールの中でとても素朴というか、きっと不思議なんだろうな。と思っているご質問がありましたので、今日のネタにさせていただきます。※ありがとうございます。Yさん。
それは、

「ごっつさんはロックがお好きなんですよね。でも仕事でたとえば好き、というか好みの曲じゃないミュージシャンとかだった場合は大変ですよね」

というもの。

うふふ。これ、全然関係ないんですよ。ホントに。
音楽の聴き方って、1つじゃないんです。もちろんメロディがカッコイイ、自分の好み。って聴き方もそのひとつ。
でも、歌詞が最高、プレイが上手、ここでこんな音使うかー、こんなアレンジできたか、音を中域に集めて録音してるのかぁ。ツェッペリンみたいだなとか、2曲目と3曲目の曲間が前のめり感が出ていて絶妙だわとか、LとRの音の配置とか。
1曲とっても本当にいろいろな聴き方があるんですよ。
どんな音楽もそこにはいろいろヒミツ(アーティストのこだわり)が隠されていて、私は音楽を聴きながらそのヒミツを解いていく作業が、実は一番楽しいのです。なぜならそこにアーティストの本質があるからです。

基本リスナーとは勝手なものなので(いつの時代も)、楽曲の断片だけを捉えて、批判したり賞賛したりします。
そしてそうなったしまった背景には、私たちみたいな仕事の人間が、リスナーを育ててこなかった、音楽の楽しみ方をリスナーに教えてこなかったことにあるかと思っています。
いや、やりたくても時代的に企画がとおらなかった。って表現が正しいかもしれません。

今も思っていますが、昔はいろいろな音楽をみなさんに紹介することが仕事だと思っていましたが、今はそれのほかに、音楽の楽しみ方の幅を広げてあげる。ということを、よりいっそう強く考えている感じですね。
(haruhata.comでやらせていただいている、「SOUND TREASURE」が、まさにソレですね。本当に昔からやりたかったんです。こういう企画。だから通ったときニョッキリブイでした。)

音楽を聴くきっかけは確かにカッコイイとかだとは思うのですが、ひとつの価値観で音楽を捉えるのではなく、たまにはヘッドフォンでお気に入りのアーティストの音楽をよーーく聴きくらべてください。いろいろ発見があって楽しいですよ。
本当に耳のそばで弾き語ってくれているように聴こえるように録音されているCDとか、人の呼吸のリズムに合うように、メロディが計算されて盛り上がるように作ってある音楽とか、それこそアーティストの数だけそこにこだわりが見えたり、その年代だけを聴きくらべたりすると、あぁ、このときは、こういう音が流行っていたのかぁ。など流行も見えてきたりします。

自分がカッコイイと思うCDを聴きくらべても、自分のツボ(ギターがレスポールよりもストラトの音の方がすきなんだな、とか)がわかって楽しいかもしれませんね。

やりたい企画と通る企画は違う

安野モヨコさんの漫画「働きマン」の中で主人公の松方が、理想論ばかりを掲げる新人ちゃんに「やりたい企画と通る企画は違うんだよ」と一蹴する場面がありました。
この場面、数年前の私なら、松方のセリフの意味を理解できなかったと思います。

しかし今は違います。
やはり私たちは“通る企画”を立てなくては意味がないし、世の中に出ないそれこそ自己満足の企画を何百本、何千本書いたところでそれはゼロとイコールです。求められるものを作ってこそです。

若い頃は自分の理想(と思い込んでいた勘違い)を曲げることは=負け 的発想があったのですが、仕事というものの本質が少し見えてくると、勝手に自分でがんじがらめにしていた足かせがはずれ、とても楽に進むことができるようになりました。
ここ数年企業もののお仕事をたくさんやらせていただいたことで、学んだことはとても大きいです。

そんな中、「広告批評」を読んでおりまして、今話題の(といっても、私たちの仲間うちだけで、かなり痛快だよね。という意味で盛り上がっているだけなんですが)大和證券のCM(「華がある篇」)の話題が掲載されておりました。
このCM、エビちゃんこと蛯原友里が出演する完成したばかりのCMを、代理店がクライアントにお披露目するという内容のシリーズもの。ご覧になった方も多いのでは?

実はこれ、今の広告業界を天下御免な感じで皮肉っているのが裏テーマなんです。
ただカワイイだけのエビちゃんの面白くもなんともないCMを試写して、ウハウハして「いいねー、いいねー」なんつってるのがクライアント。CMの質なんてどうでもいい、人気者さえ出ていれば喜ぶ、(どこにでもいる)“しょーもない”クライアントです。こんなCM作ってクライアントのご機嫌をとっているのが代理店。視聴者のことは無視、クライアントOKさえ出たらそれでいい的なダメな広告マン。ほんと救いがたい。そんな(よくある)現場がまんまCMになっています。

このCMを作ったのは、TUGBOAT。
そうです。確信犯です。
こんな現場をよく知ってるからこそ、私たちはこんなCM絶対につくらないよ。という、彼らたちからのメッセージなのです。

なんと痛快愉快なCMなんでしょうか。
「広告批評」にもまったく同じようなことが書いてありました。

通る企画を作るということは、決して媚びることではありません。このCM1本からでも学ぶべきことはたくさんあります。

大和證券 CM
http://www.daiwatv.jp/group/cm/cm_main.html

春眠暁を覚えず

すごい眠いんです。
私、多分比較的人より睡眠欲とかがないほうだと思うのですが、ここ数年“眠い”と思うことが多いです。

春だなぁ。

期末仕事もひと段落し、企画とか打ち合わせとかの日々からちょっとのあいだだけ、開放されます。

書くことへの責任感

Wikipedia の記事の信憑性について以前からいろいろな人と話をしていました。

今日、こんな記事をみつけました。

Wikipediaの問題を改良した実名投稿の「Citizendium」公開

ネット百科事典としてはWikipediaが圧倒的に有名だが、Wikipediaでは身分を明かさなくても記事を編集して投稿できるため、記事の信頼性に問題を生じることがあり、最近では社会的な問題にもなりつつある。
 Citizendiumを設立したLarry Sanger氏はWikipediaの創設時から関わっており、この問題を解決するために、専門家の監督のもとに一般人が実名で記事を投稿するという Citizendiumのモデルに行き着いた。そして、実現のためにNPO法人を設立し、寄附などによってプロジェクトを維持する体制を築いた。

 Citizendiumには2つの役職がある。記事の品質を確保することに責任を持つ編集者と、実際に記事を投稿する執筆者である。編集者となるために必ずしも博士号を持っている必要はないが、特に学術的な内容が関係する場合には、その分野で大学教育などの専門的な教育課程を経ていることを示す必要がある。それ以外の専門的分野、あるいは趣味の領域などの分野でも、その分野で責任ある編集が行えることを示す証拠が必要となる。

 記事の執筆者には誰でもなれるが、Wikipediaとは異なり、実名で投稿しなければならない。そして、記事の品質を高めるためにできるだけの努力を払うことが求められている。その上で編集者が記事の内容に間違いが無いかどうかを確認し、場合によっては訂正が求められる。

 このように、誰でも参加することができる「wiki」の特性をできるだけ維持しつつ、専門家の関与を強め、実名投稿を義務付けることによって品質を高めるというのがCitizendiumのモデルだ。Citizendiumは現在英語版が用意されており、これが成功すればほかの言語にも進出する可能性があるとしている。
「impress watch」より引用

コレ、日本では流行らないとか、そういう意見もどこかで見ましたが、流行る流行らないとかどうでもいいんです。
日記だろうが、情報だろうが、自分が書いた文書を公にする以上、書いたことへの責任は生じるものであって、だからこそ雑誌などでは、ライターさんの名前が記載されているのです。これは私が書きました。という責任です。
そして雑誌の裏表紙、のどの奥付部分にある、編集人などの記載も、ライターのソレと同じ意味あいを持ちます。

もちろん名前を出すことにより、原稿に対して賞賛もあるでしょうし、非難もあるでしょう。
でも、そういったものすべてに責任をもち、ライターは原稿を書き、編集者は編集作業をしています(最近そうじゃない人もたくさんいますけれどね。特にwebの業界)。
そして書いたものを世の中に出す、ということはそういうことだと、私は思っています。
自分の書いたものに責任を持つ。その覚悟のない人は、誰にも公開しないで日記などを書いているべきです。
こうして日々私がここに書いていることにも、実はある一定のラインがあり、それを超えたことは書いていませんし、書くつもりもありません。この書くことへの責任感は、お金が発生している、していないは関係ありませんね。自分の中で、人に見られる文を書く際の決まりごとのようなものですね。
もちろんお金が発生しているなら、こんなことは大前提であって、わざわざ説明する必要もないんですけれど。。。

話をWikipedia に戻しましょう。
確かにWikipedia は、とてもよくできたシステムです。だからこそ、この「Citizendium」に、私は大大、大大賛成派です。
Wikipedia の信憑性があがれば、本当に最強ですもの。

世界フィギュア2007 エキシビジョン

友人から誘いを受けて、世界フィギュアのエキシビジョンを見てきました。
私は生でスケートを見るのは初めての経験で。スケートリンクが“銀盤”と呼ばれる意味がようやく今日わかりました。
何もなくとも、リンクがキラキラしており、ひとたび演目時になると、さまざまな照明に反射していろいろな顔を見せてくれます。そしてそこに選手のスケートがあいまって、幾度となく、バレエを見ているような感覚になりました。

印象に残ったのはトマシュ・ベルネル選手のパフォーマンス。 衣装が黒ピンクで、それだけで、なんか素敵。そして曲がはじまり、なんと! ピンクパンサー! これはエキシビジョンならでは。彼のエンターテインメント性に脱帽です。
表現力は芸術でもエンターテインメントも共通だということを勉強させられました。
しかし、やはり人を楽しませる、エンターテインメントって、すごいなぁ。

また、トマシュ選手もそうですが、日本人のアーティストである平井堅氏の「エレジー」を選曲した選手もいましたし、日本で開催している、ということも考えたパフォーマンスの数々、プロ精神に、改めて敬意を評したく思います。
※日本の選手は安藤さんだけだったわ。日本の楽曲使用したの。

そして、もうひとつの楽しみはなんといっても衣装です。
基本はキラキラなんですが、女子の衣装は、回転、スピンすることを前提でデザインされているので、回転時のその優雅さと華麗さといったら筆舌につくしがたいものでした。
ワンピースのスカート部分のカットが、案外アシンメトリーになってる衣装が多かったように思いました。
こういう配慮もスケートならではなんでしょうか? ※軸足のほうを短く断裁することにより、より足を長くキレイに魅せるためとか。

とても素敵なショーでした。

今年のフィギュアは、男子では高橋選手が銀ですし、女子でも安藤選手と浅田選手が金銀ワンツーフィニッシュでしたし、日本のフィギュアが世界のフィギュアになったともいえる、意味ある大会だったように思います。トリノの後、個人的には安藤選手はもう少しメンタルを……。と思っていたのですが、今大会での顔を見たら、ぐっと大人の顔になっていましたね。
カッコよかったです。

「アイシンシーホース」というチーム

まだjbリーグが発足する前、かれこれ6,7年ほど前になるでしょうか?
たまたまテレビで「アイシンシーホース」というバスケットボールチームのドキュメントらしい番組を見ました。
シーホースも今は、スーパーリーグで活躍し、今年もJBLスーパーリーグで3位になるなど、とても優秀な成績を納めています。
私は唯一といっていいほど、スポーツ観戦だけはあまり興味がありません。なのでこのblogでもスポーツのネタがエントリとしてあがることはほとんどなかったかと思います(サッカーだけはちょっと例外)。

さて、その「アイシンシーホース」。実はとても特筆すべき、異色のチームなのです。
私が見た番組は「アイシンシーホース」というチームと鈴木貴美一監督(現在全日本のヘッドコーチですよね?)の奮闘記的な内容でした。
鈴木監督は、怪我や故障でチームを去らなくてはいけなくなった(戦力外通告を受けた)選手や選手たちを積極的にチームに引き入れ、チーム再編を図ったのです。
選手たちはもともと第一線で活躍していたひとたちばかりなのですが、ほかのチームですでに戦力外通告を受けた人ばかりですし、さらにはチームの平均年齢も高く、それは外からみたら無謀ともいえるチームづくりだったのです。しかしそこには真剣に“アイシンを日本一にしよう”という鈴木監督の目標のもと、一度は自暴自棄になりかけた選手たちが、アイシンというチームで、再度夢を目指している姿がありました。佐古選手などの選手のインタビューもあり、花形選手だった頃のプライドが邪魔をして、なかなかチームになじめなかった話や、人をたてるプレー戦術、ここで本当にバスケットはチームプレイだということを実感したなどを語っていました。
そしてなんと、シーホースは2年後にオールジャパンで準優勝をするのです。その翌年は見事優勝し、そこから4連覇を達成。
※ドキュメントが放送された年は準優勝したところでおわりでした。

友人がトヨタアルバルクのネタをblogで話題にしており、気になって久しぶりにこのチームのことを思い出して調べてみましたら、なんとスーパーリーグに昇格しており、しかもものすごいことになっていて、本当にびっくりしました。

失礼ですが、jbにいるのかと思って探したらチーム名がなくて、廃部になってしまったのでは? とすら思ってしまったので。

真剣な努力は不可能を可能にするんですね。
また実例を見せていただきました。

アイシンシーホース

ちょっとどころか、かなりいい話

先日ロンドンブーツさんが出ているテレビ番組を見ていたとき、ゲストに陣内さん(藤原さんのだんなさん)が出演してらしたのですが、番組終了後、ロンドンブーツのアツシさん宅でのプライベート映像らしき本音トークがオンエアされておりました。
藤原さんの携帯アドレス登録名を「姫」にしているとか、たくさん面白い話があったのですが、中でもひとつ、へぇと思うエピソードがありました。
それは新居を決める際のこと。

アツシさんに、「もう一緒に住んでるんですよね?」と聞かれ「はい」と答えた陣内さん。
陣内さんは藤原さんと新居を構える際、藤原さんにこういったそうです。

「俺のかせぎでは、今、紀香さんが住んでるレベルの部屋を借りられない。だからランクを落としてほしい」

と。
この言葉を言うくだりの陣内さんの発言がとても印象深かったです。

「やっぱりすごいところに住んでるんですよ。部屋もむっちゃいっぱいあって。でもそれは彼女ががんばったからで。でも今の俺には同じことはでけへんし、だから(部屋のランクを)落としてくれ って言ったんですよ」
的なことをいっていたんですよ。

それを受けた藤原さんは「ええよ」と、言ったそうです。
なんか永六輔さん的話ですよね。

私は部屋のランクを落としてくれ。と言う陣内さんに・・・ってことではなく、すごい(広い)部屋に住んでいる藤原さんを単純にソレだけで語らず、「それは彼女ががんばったから」と発言したところがステキだと思いました。

他愛もないエピソードですけれど、とても大事なことがここにはたくさん含まれていると感じました。
お2人には末永く幸せでいてほしいです。
そしていつか陣内さんが自分の力で、すごい部屋に住んでいただきたい!
心から思います。

「ハッピーフィート」でHAPPYに

ヒルズにいったついでに、グレゴリー・コルベール写真展とペンギンが主人公の映画、「ハッピーフィート」を観てきました。この映画は以前よりサントラを買うか悩んでいたのですが、結局購入しました。
友人が象好きということで、グレゴリー・コルベールの写真展を楽しみにしていたらしく、お台場より先に六本木で。と思い、入ってみましたが、どうやら六本木の展示物は、ごく一部(15点ほどしかなかったと思う)。
6月からお台場で開催されるほうが、展示数も55点(っていってたかな?)ほどあるようで、そのために現在お台場にギャラリーそのものから建設しているそうです。
グレゴリー・コルベールの写真そのもののテイストはキライではなかったですが、ソレに人工的なにおいを感じてしまったため、ネイチャーマインドといいますか、エネルギー波動を感じることができませんでした。
もっと点数を見ても、きっとその人工的要素が強まるだけかなぁ。などと感じたため、多分お台場にはいかなくてもいいかなぁ。などと。

次点、「ハッピーフィート」は大満足でした。
音楽がとにかくいいよ。と友人から聞いていたので、期待しておりました。
プリンスの「Song Of The Heart」QUEENの「Somebody To Love」、Earth Wind & Fireの「Boogie Wonderland」、なんといっても味のある「My Way」←これが秀逸! など、耳なじみなナンバーが次つぎ登場し、これらの楽曲を原曲のままのものあれば、大幅にアレンジしているものもアリなのですが、すべてペンギンが歌っています(爆)。いや、正確に言うとペンギンの声優さんたちが歌っているのですが。
その際、ペンギンは足でタップのようにSTOMPのようにリズムを刻むのですが、それがもう、アクションが音楽とあいまってとってもCOOLです! これは音楽が好きな方なら文句なしに楽しめる1本です。とてもかわいい映画でした。しかし、ただ楽しい、かわいいではなくて、最後はちゃんと考えさせるシーンもあったりしますので、ストーリーでも楽しめます。
#どうやら吹き替えだと「シュレック」みたいに方言でしゃべってるキャラがあるそうです。それはそれで楽しみです。

##予告編みて、次回のディズニー作品がモウレツに楽しみになってきました。舞台パリですよ!! ディズニーが描くパリの町並みなんて、今から鳥肌です。予告でセーヌ川付近が出たんですけど、すばらしー。すばらしー。そんな感じです。※ノートルダム以来ですよね。パリが舞台のディズニー映画。
これは映画を見るまえからもうDVDは買うことになっているんですが(笑)。早く見たいです!
「レミーのおいしいレストラン」
http://www.disney.co.jp/movies/remy/index.html
コック帽と鼻ヒゲのロゴがすごくわかりやすくて、いいです。
ピクサー大好き!

ランプベルジェと空気清浄機

私は喫煙者なのですが、そのくせしてタバコのにおいは気になります。
洋服、カーテン、ベッド。

気休めだとは知りつつも、除菌イオン機能つきの空気清浄機を使いながら、アロマランプでランプベルジェを炊くという(それじゃプラ効果ゼロだろ! と)、なんともまぁ奇妙な行動をしている私ですが、実際どうなんでしょうか。空気清浄機を使いながら、空気清浄機能があるベルジェを炊くという行為は……。とも食い的感覚が(苦笑)。←表現がおかしいです。こういうときに使う言葉ではないです。

まぁ、そのランプベルジェですが、私はユーカリのオイルがお気に入りです。こちらもディプティ-ク同様、フランス製品。
ランプベルジェ製品は、オイルはともかく、そのアロマランプの形に一目ぼれし、愛用するようになった“ルックス重視”派です。
その当時、理科の実験で使った、アルコールランプがむしょーに欲しくて探していたせいもありますが……。

ベルジェのアロマランプにはガラスのものと陶器のものがあるのですが、陶器はなんと、伝統工芸品のリモージュ磁器なんです。
私はガラスと陶器のアロマランプそれぞれ1つずつしか持っていませんが、ランプのコレクターもいるほど、ランプは人気があるんだそうです。まぁ、毎年新作出てますし、そういうところがコレクター魂に火がつくんでしょうな。

さてこのランプ。使用している最中は火があがっているので、ビジュアル的に危険臭漂います(苦笑)。
火事だけには注意。

ランプベルジェ
※ちなみにアロマランプはこんな感じです。
ランプ一覧

↓↓欲しいなと思って金額見て、回れ右しました。150,000円だってさ。ふぅ。シグネチャモデルだそう。サイズ知りたい。
5423-1.gif
↓↓これもカワイイ。こちらは9.000円。キャップ部分がいいです。
kv-1.jpg

the pillows presents CHEMICAL BUMP SHOW!!

本日はお誘いいただいておりましたライブに遊びに行ってきました@恵比寿リキッドルーム
「the pillows presents CHEMICAL BUMP SHOW!!」と銘打ったライブ。
取材したいな。と思っていた髭のライブも観れて、よかったです。
(髭、UNDER THE COUNTER、pillows 出演)

先日、PUNK SPRING のチケットで右往左往していた際、なぜここに「50回転ズ」がいないんだ。とほえていた私ですが、今日久しぶりに「pillows」を観て、キャン。とおとなしくなりました。
やっぱりpillowsは今も昔もカッコイイです。いちリスナーとして、そう感じます。
私が今高校生なら、間違いなくコピーしたいバンドです。

平日にも関わらず、箱いっぱいのお客さん。チケットはソールドアウトだったようです。
今、勢いのある髭が出演することもあってか、関係者も多かったように思います。

心地よい疲労感とともに今日はこれにて。

#メールフォームよりメッセージたくさんありがとうございました! やっぱり「MOONLIGHT RHAPSODY」いいですよね。
実はこっそり(ここで書いたらこっそりでもなんでもないんですが)、私がカラオケで歌ってとお願いされたら歌う、TUBEさん関係の歌が何を隠そう「Be My Venus」「ダンス・ウィズ・ユー」だったりします。

  • Instagram

ページのトップへ