2月, 2007 のアーカイブ

ファイナル

本日も武道館にてスガさんライブ。
本当に無理を押しての公演、お疲れ様でした。昨日はおとといにもまして苦しそうで、スガさんはDVDにしてほしくないだろうなぁ。と感じました。

さて、セットリストなどはWアンコール1曲が追加になり。という感じで前日とほぼ変わらず。

ということで、少しだけ感想を。

センター花道に一人で登場するスガ氏。アコギ1本で「愛について」を歌いだします。
この歌は本当にアコースティックな雰囲気が似合う曲。オリジナルもいいですけれど、ライブでの弾き語りはまた格別です。
10周年のこのライブのために作ったという、これでもかってほどの“スガシカオメドレー”これがとにかく長くて。贅沢です。
中盤はストリングスを入れての「夜空ノムコウ」などを披露。
そしてこのあと、完全なるJAZZアレンジ、鍵盤のインプロが秀逸すぎて楽曲の趣旨を忘れてしまうぐらいの「これから むかえにいくよ」。これは早くDVDで見たい1曲です。
個人的には、初日の駆け上がる感じのインプロのほうが好きでした。
しかし、今宵も鍵盤プレイにうっとり。塩谷さんで聴きたい・・・・。

終盤は当然ですが、ドロドロファンク。ファンのあいだで人気の高い「イジメテミタイ」を、色気たっぷりに歌い、〆は武道館が巨大ディスコフロアに!「午後のパレード」です。
本当、全国ツアーで拝見して感じたのですが、まさかスガさんのライブでダンスをする日がこようとは・・・。という感じです。
アッパーな楽曲で会場のテンションをMAXにもりあげ、本編終了。
そしてアンコール。本日はファイナルということもあり、Wアンコール。

大阪では「夕立ち」をやったそうで、うらやましい限りです。

今回のスガさんのライブ、初心者の方には本当にたのしめる内容だったと思います。
しかし以前にも書きましたが、やはりファンが増え、ノリもかわり自分の感情もだんだんと変わってきたのだなぁ、再度思い知りました。

でもまぁ、それだけスガさんの音楽を聴いてくれるファンが増えたってことなので、とてもうれしいことではありますけど、リスナーが育っていない現実もリアルに感じてしまって、ちょっぴり淋しい気持ちもあります。

スガさん、本当におつかれさまでした。

FAN-KEY PARADE 07

本日は武道館にて、スガさんのライブ。 
「Suga Shikao 10th Anniversary Special Live Shikao & the Family Sugar FAN-KEY PARADE 07」

体調が思わしくなく、休演かなぁ。と思っていたのですが、予定どおり敢行。
歌いきったスガさんに、ただただ感服です。
内容はまだ明日もあるので(行くのですが・・・)伏せますが、初めてスガさんのライブを観るかたにとっては、とてもよい内容だと感じました。
スガさんに興味あるかたは、今回は無理してでも行くべきかなと。そんな風に感じます。

照明・特効も、ものすごいイイ感じでした。特に今回の照明は見とれてうっとりするほどでした。色使いも実にスガさんっぽいし、ビジョンのVJ? CGも、ものすごくよかったです。
これはDVDにして、スガさんとビジョンのコントラストと全景を楽しみたいです。

今宵はここまで。
浮かれていたら、タクシーに忘れ物をしてしまいました。古本屋でやっと見つけた漫画だったのですが、残念。そういう日に限って領収書もらってなかったりするのですよ・・・。トホホ。

#自宅に戻り、パンフレットをペラペラと。10周年ということで、軽いヒストリーパンフになっております。
あぁ、行ったなぁ。とパンフレットの表紙を見ながら、当時を懐かしむ私です。

駆け抜けた週末

23日は、THE BACK HORNさんのライブにお邪魔させていただきました。今回のTBHさんた対バン形式のツアー。今宵の相手は銀杏BOYZ
峯田くん、一番初めにご挨拶させていただいたのは、ゴーイング時代でした。モンパチ(モンゴル800)さんと一緒だったように思います。なんかあっという間に銀杏を結成し、今じゃ夏フェスの常連ですものね。
楽しい夜でした。
土曜日はお誘いいただいていた歌舞伎へ。吉右衛門さん目的で。演目は忠臣蔵でした。
吉右衛門さんの、大石はシビレました。

その後、原稿書き。

音楽漫画 えとせとら

「マガジン」で連載されている「BECK」という漫画。
この単行本を買うか買わないかで、かれこれ1年以上悩んでおります。
悩んでいるうちにどんどん刊行数が多くなってきて、ますます購買欲が……。

軽い音楽漫画なのですが、音楽好きなら漫画の中にあるコネタも拾えるし、結構面白いかと思います。
主人公が飼っている、動物「ベック」が“犬”なのも粋です。
※理由は下段の本物『ODELAY』/BECKのジャケを・・・・。なつかしいですね。96年リリース……。

大きくくくると少女漫画では「NANA」がこの手のジャンルに入るかと思いますが、少年漫画ということで、こちらのほうがちょっとリアル。プレイシーンの描写とか、楽器のポジショニング、奏法の描写なども特定のアーティストを連想させるものがあって、また楽しいです。

今日も本屋さんのコーナーで大人買いするべきか10分ほど悩み、結局買わずに終わりました。
そろそろ、1巻からまた読み返したいという、欲求がですね・・・・。

誰か、全巻お持ちのかた、ごっつまでご連絡を。←結局コレかよ。ヲイ!

心に残るCMを

サントリーOLDのCM。気を抜いていたら、泣きそうになりますね。

「サントリーOLD」父の上京篇
http://www.suntory.co.jp/whisky/old/ad/index.html

上京組なら、誰でもあると思うこういう経験……。

———————————————–
父:「仕事は?」
娘:「順調、順調。心配ないって」

Na:ウソをつきました……

———————————————–

今も昔も、やっぱり各ビール会社のCMは別格ですね。
お金もかかっているし、クリエイターも一流。

#サイトではサントリーOLDの代表的なCMのアーカイブが見れるのも、魅力的です。

もっと売れてもいいっしょ!

数年前からお気に入りのバンド「サクラメリーメン」さん。
メロディがものすごいいいのですよ。どうしてイマイチブレイクしないかな。と。
「レミオロメン」さんが先にドカンといってしまったからでしょうか。

NEWシングル「マーガレット」いいですよ。
どこかで聴く機会ございましたら、ぜひ。

ソネットさんのディスクレビューで取り上げさせていただきました。
ご本人様たちも関西の方なので、とてもチャーミングです。
「サクラメリーメン」

石版の世界へようこそ

まちに待ってました。やっとです。

モード・オブ・ザ・ウォー
※もっと詳しくはこっち
東京大学大学院情報学環アーカイヴ

やっぱり情報系の勉強って、面白いなぁ。
こんなすごい資料がたくさんある東大って、やっぱりいいかも。

質素という名の贅沢

先日実家より、おいしいお味噌が送られてきて、ウキウキで毎日味噌汁作っています。
私は味噌汁の具では、たまねぎ、なすが大好きなのですが、えのき、キャベツとたまご、サツマイモなども好きです。
王道のわかめとお豆腐、油揚げとネギもですね。
逆にあまり好きではないのが、なめこ。あまりではないですね。キライです。あとはあさりとかしじみとか。
おいしいのですけれど……。でも我が家の味噌汁ローテーションでは、2ヶ月に1度くらいしか食卓に登場しません。

週末はちょっとガッツリ外食だったため、日曜日は炊きたてのご飯にお味噌を塗っただけの味噌おにぎりと味噌汁、たくあんという質素なものにしました。
ものすごくおいしかったです。
私、3日くらいこのメニューでも全然平気かもしれません。

何も加工しなくともおいしい食材は、やはり本物ですね。
日本食って素晴らしい。勉強すればするほどそう感じます。サンマに大根おろしが必須なことや、トンカツにキャベツが必須なことも、すべて理由があるのです。
奥深く、贅沢な料理のひとつは、間違いなく日本食だと感じました。

【備忘録】
写真セレクト、取材手配、ヘアメイクさんスタイリストさん、素材渡し(1島)、21,23 ライブ手配

中島さんinアニメ

「大江戸ロケット」も楽しみですが、楽しみがもう1つ増えました。

「天元突破グレンラガン」
中島かずきさんが、初めてテレビアニメでシリーズ構成と脚本を担当するそうです。
制作は、なんと! ガイナックス!!
プロモを見て興奮、興奮。セリフが中島さんです。

「天元突破グレンラガン」
http://www.gurren-lagann.net/
■テレビ東京系で4月1日~
毎週日曜朝8:30~

録画です。

思い出

少女漫画家さんのすぎ恵美子さんが亡くなられた。
先日、ひょんなことから、すぎさんの作品である「げっちゅー」の話題をしていたため、びっくり。

第一報を聞いてから、久しぶりに「げっちゅー」を引っ張り出し、完読しました。

最近、リアルで世代を過ごしてきて来たかたの訃報が多い。
というより、自分がそれだけ年齢を重ねたということなのですが。

ご冥福をお祈り申し上げます。

  • Instagram

ページのトップへ