9月, 2005 のアーカイブ

ガッカリ…

西麻布のレストラン、AZABUHAUSの話題が某IT企業の社長ブログで出たそうだ。
ここ、結構夜待ち合わせとかに使っていたんですが。。

もう行かない。

っていうか、あまり好きじゃないタイプのお店だったんだけれど…。

取材・お酒・おつきあい

週末になるにしたがって仕事がとんでもないことに。
そんな中、また楽しくなって明け方まで仲間と飲酒。いい気分転換になりました。

朝イチで以前のプレゼンの修正がくる。大きな手直しはない様子。
再校が出稿。他誌入稿物15P。
インタビュー11日。

週末は取材、撮影。
連載が1本終わる。構成を考えねば。

仕事の合間に来月末の会合の段取り。
来月末なのに、すでに仮押さえ多数! いつからそんな人気店に?

そんな中、別の友人と石川シェフのところに久し振りに行こうと思い、デザイナーの後藤さんに電話。
月アタマに先に一緒に行こうと。喜んで!

そんな感じの1日。めまぐるしく時間がすぎています。
ミスチルの新譜が、エライカッコウよくてシビれまくりです。

anegoはだまって細木数子

私は林真理子さんの書く世界には共感できない部分がありまして(世代が違いますし)、彼女が提案した“anego10か条”にもモノ申したいわけですが、それをうけて、ちょっと編集して、リアルな30代のanego度を提案してみようかと。
だって本物の私たち30代はバブルなんてしらないし、においすらないもの。。

ということで。。。

林氏のanego定義
—–
1.相談するより相談を受けるほうだ
2.なんでも決断が早い
3.年下の男から慕われる
4.年下の女からも慕われる
5.啖呵を切って男と別れたことがある
6.筋の通らないことは許せない
7.不倫経験があることはだれにも明かしていない
8.実は結構占いを気にする
9.バブルの香りを覚えている
10.”負け犬”といわれてもムキにならない

リテイクと初稿戻し

先日の旅の原稿にちょっとリテイクが入り、ライターさんに依頼。
速攻もどってくる。ちょこっと具体例を盛り込むだけだったが、ありがたや。

そんなときに、別の案件が初稿戻し。
画質が荒いため、念のため実データを入れ込む。
また、インタビュー写真にレスポンスを。首のシワが気になるので。

なんだかんだで、戻せそう。

来月錦織氏@オペラ インタビュー決定。
カメラマンさんどうしようかなぁ。

もう来年の話

堤真一さん、次回作が決定したそうで。

2月にシアターコクーン、演出は、ナイロンのケラリーノ・サンドロヴィッチさん、共演は小泉今日子さんです。
楽しみです。
不条理劇やらないかなぁ。

イッツ ショータイム!

本日はEXILEのツアー初日。

拝見してきました。
オリジナルアルバムのツアーより1年以上あいた、待望の全国ツアーということで、どんな魅せかたをするのかなぁ。と思っていましたら、これぞ“THE ENTERTAINMENT”というパフォーマンスをみせつけてくれましたね。
詳しくは書きませんが、お金とアイデアがとてつもなく詰まった、すばらしいショーでした。
初めてEXILEのライブに行かれるかたにとっては、めっちゃめっちゃ楽しめる内容だと思います。
しかし。。私のように前から彼らを好きでいる人にとっても、今回のライブは充分楽しめるのです。
これって、スゴイことですよね。

機会があれば、ぜひ1度、日本のグループの中ではハイレベルなクオリティとエンタメ性を持った彼らのショーを見に、会場に足を運んでみたらいかがでしょうか?
照明も特効も、ビジョンの使いかたも勉強になります!

ビックリ2点。
今回のサポメンに以前、お世話になったブッチャーさんが参加していました。
シブイよ。シブすぎ。ツインギターなんで、ブッチャーさんは専らバッキングでしたが…。残念。
帰りにライターの宮本氏とバッタリ。軽くご挨拶。
こんなところで会うとは…。EXILEも書いているのねぇ。などと思う。
ロック全般だと決めてかかっていました。

偶然の出会い

今さらながら先週末のお話。

ネットで知り合った同業者の友達と、ご飯を食べました。
初体験です。

同郷、同学年、同姓、同業種。これだけそろって気が合わないわけがありません。
おいしい料理を食べながら、今までの人生を少しずつはなし、生き方の芯を確認しあう。

とても楽しかったし、有意義な時間でした。
彼女はとても努力の人。
まっすぐな生き方をしてきた人なんだって、発せられる言葉からすごくよくわかる。
同業者ってこともあるけれど、お互い、言葉にはかなり敏感なはずなので、いろいろと探っていたと思うな(笑)。

でも彼女の「今」は確実に今までの生き様、というか、歩んだ道があったからこそ、という事実が短いあいだでもわかりました。

私はこんな風にまっすぐ生きているのかな。
そんなことを考えた日でした。
こうやって、また偶然が偶然を呼ぶ出会いにめぐりあえています。
私は、こういう運だけはイイですね。対人運。

Nさん、ありがとう!いつか一緒にダイビングしょ!

やっぱり最高です

本日「吉原御免状」を鑑賞@青山劇場

スタンディングオベーションが起こる、すばらしい舞台でした。
今まで私が鑑賞した新感線の舞台の中で3本の指に入る、さいっっこーーーに、いいお芝居でした。
最終日までにもう一度行こう。
オープニングのタイトル出しも好きだし、今回の美術も秀逸、照明も絶妙。
特に回想シーンの見せ方は、新感線独特のまわりセットで、かなり完成度の高いものでした。
いやぁ、本当にすばらしい、としか言葉がでません。ぜひぜひDVD化を希望ですね。
思いのほか、松雪氏がいい感じでした。それに比べて京野氏がかすむ。うーん、がっかり。

堤氏は、今回は殺陣をキレイに舞うように…と言われたので…。とどこぞのインタビューで言っていたのですが、すばらしい殺陣を見せていただきました。
とびきりセクシーな、殺陣でした。また古田氏との絡みも圧巻。
この2人はいつ見てもカッコウいい。舞台人ですね。

めっちゃステキな1日。
夏休み初日にふさわしい始まりです。

まいう〜

今日は舞台。
たけしくんと点心中〜

ACC賞が決定2005

出ましたね。
ACC賞

テレビ部門のグランプリは、
日本コカ・コーラ株式会社のFANTA「そうだったらいいのにな」シリーズ
ラジオ部門のグランプリは、
大日本除虫菊株式会社の水性キンチョール「金鳥ラジオ小説 「父子水」 第三回 / 金鳥ラジオ小説 「父子水」 第四回」だそうです。

詳しくはコチラ

  • Instagram

ページのトップへ